【中国】ずさん工事で砂漠が発生 → 住民から苦情 → 行政「緑化構想あり」 → まずは緑のネットがかぶせられる

ロケットニュース24 / 2014年5月22日 18時0分

【中国】ずさん工事で砂漠が発生 → 住民から苦情 → 行政「緑化構想あり」 → まずは緑のネットがかぶせられる

砂漠といえば、アフリカの「サハラ砂漠」を思い出す人も多いだろう。しかし、お隣・中国にも広ーい砂漠がある。しかも国土の20%近くが砂漠化しており、深刻な問題となっている。

その中国で、ずさんな工事により住宅地付近に砂漠が発生してしまったそうだ。風で砂が飛び交うなど、付近の住民は困惑。そこで行政がとった対策が話題となっている。

・河南省で砂漠発生
砂漠が発生したというのは、河南省・鄭州市である。現地では「龍湖」という人造湖が掘られていた。……と、そこまでは良かったのだが! その工事では、掘った砂を掘りっぱなしで湖の周りに放置していたのである。

最初は少しだった砂も、マックスで10メートルと建物の3階に届くほどの高さになっているそうだ。まさに「塵も積もれば山となる」状態。下の方に少しの草木を残し、湖をグルリと囲むように不毛の大地が形成されてしまったという。

・住民の苦情
これに困ったのは付近の住民である。景観が悪いだけでなく、風が吹くとこの山盛りの砂が飛んできて目も開けられず、生活にも差し支えがあるほどだという。

市民から苦情が続出。さらに「いくら工事をするからと言って、生態環境を壊すのは良いことではない。都市開発と環境保全は共存すべきなのに」と、工事自体への反発の声も出ているそうだ。

・行政「緑化構想があった」
この事態を受け、地元自治体の責任者は「龍湖から掘り出した砂は整備しています。確かに露出している砂山の面積は大きいですが、当初から工事完了後には全体を緑化する構想もあったのです」と話しているそうだ。

・緑色のネットがかぶせられる / ネットの声「たしかに“緑化”」
そして、ついに行政が対策をとった。それは砂漠化した箇所に緑色のネットをかぶせる、というもの! 遠くから見ると、うっすら芝生が生えたようにも見える。

さすがにこれには、中国ネットユーザーからも「たしかに“緑化”(笑)」「植樹するより安上がり」「自虐か」などと、ツッコミの声が寄せられている。

なお、ネットをかぶせたのは、これ以上砂が飛ばないようにするための措置とのことである。今後、砂を市街地へ運び、しかるべき措置をとるとのことだが……。「全体の緑化」はその後になると見られるが、住民の苦情がなければ、一体どうするつもりだったのだろう? 

参照元:新浪河南網易新聞大河網鳳凰網(中国語)
執筆:沢井メグ

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング