【三十代女子の恋愛奮闘記】「マイルドヤンキー」に恋をしてしまった場合の注意点

ロケットニュース24 / 2014年6月1日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】「マイルドヤンキー」に恋をしてしまった場合の注意点

「マイルドヤンキー」という言葉をご存知でしょうか? 昭和生まれの筆者は、「ヤンキー」という言葉を聞くと、つい不良グループや暴走族を連想してしまいます。ですが、「マイルド」が付くとちょっと変わってくるようです。

どちらかというと、「やんちゃ」というイメージに近いかもしれませんね。今回は、マイルドヤンキー男性に恋してしまった女性に向けて、注意事項をお伝えしたいと思います。

・地元を讃えよ!
やんちゃなマイルドヤンキー男性の根底にあるものは、強い地元愛です。都心に出て一旗あげてやろうという気持ちは一切ありません。彼らを地元と引き離すことは、もはや不可能の領域です。逆から言うと、マイルドヤンキー男性の地元を讃えることで、彼のハートを鷲掴みにすることができます。「あなたが生まれ育った○○町って本当に最高なところね!」と、ことあるごとに称賛しましょう。

また、あなた自身も「地元LOVE」でなければなりません。「私の地元って何にもなくて、あんまり好きじゃないのよね」などと口走った日には、「そんなこと言っちゃいけない!」と説教されるでしょう。「あなたの地元も素敵。そして、私も自分の地元が大好き」というキャラを演じることが重要なのです。

・シャレオツなスポーツカーでのドライブデートは諦めるべし!
地元を愛するマイルドヤンキー男性は、地元の仲間たち“ジモティー”も大切にします。休日はジモティーたちと行動を共にすることがほとんどなので、大人数が乗車できるワゴンタイプの乗用車を好みます。

もしあなたが、「ドライブデートにはシャレオツなスポーツカーのほうが良いのに……」と言ったとしても、マイルドヤンキー男性はジモティーを優先させるでしょう。そこでいちいち腹を立てていては、マイルドヤンキー男性のカノジョは務まりません。「ワゴンのほうが大勢で乗れるから良いよねッ!」と言えるくらいの度量がなければ、マイルドヤンキー男性には選ばれないのです。

・まとめ
地元を愛するということは、要するに自分の守備範囲が落ち着くということ。よってマイルドヤンキー男性は、「青年実業家として起業してやるぜ!」などというデカい夢は抱かず、手に届く範囲の幸せを育み、守っていこうとします。

そう考えると、一度マイルドヤンキー男性に「コイツは俺のオンナ」と認識されれば、それはもう深い愛情を注いでくれるでしょう。タワーマンションでのセレブ生活を夢見る女性にとっては不向きな相手かもしれませんが、地に足のついた生活をお求めの女性にはピッタリの男性ですよ。

恋愛コラムニスト: 菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト: Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング