【ブラジルW杯レポート第10回】コートジボアール戦・ギリシャ戦ともに近くに相手チームのサポーターが座っていた → メッチャ友好的だった件

ロケットニュース24 / 2014年6月23日 18時0分

【ブラジルW杯レポート第10回】コートジボアール戦・ギリシャ戦ともに近くに相手チームのサポーターが座っていた → メッチャ友好的だった件

ワールドカップに限らず、サッカーの試合で怖いのが、サポーター同士の衝突や暴動だ。すでに本大会では、チリのサポーターが暴れ、多数の逮捕者が出た事件も報道されている。

しかし、コートジボアール戦とギリシャ戦に限って言えば、そのような事件はもちろんのこと、危険なことが起きそうな気配さえも全体的に全くなし。そういう点では、安心して見られる試合だったぞ。

・近くに相手チームのサポーターがいても安心
テレビでは、日本のサポーターの集団と相手チームのサポーターの集団がよく映される。そのため、今回の試合も「応援するチームごとに席が別れている」と思っている人もいるかもしれない。

しかし、そうではない。席は全て指定されていたのだが、多くの日本人が、対戦相手のサポーターと入り乱れた状態で座っていたのだ。実際に前の2試合で、私の席の近くに、コートジボアールやギリシャのサポーターが座っていた。

試合が始まる前は、「険悪なムードになったりするのだろうか!?」と心配していたが……最後まで、そのような気配は微塵もなかった。また、試合前後には、サポーター同士が一緒に写真撮影する光景も見られたぞ。

・家族連れで来ている日本人サポーターも多い
「日本のサッカーの試合は家族と一緒に見に行けるが、海外で行われる試合は難しい」とよく言われる。ところが、この2試合に関しては、家族と一緒でも問題なく見られる雰囲気。実際に家族連れで来られている方も多数いた。

両試合とも、結果だけ見れば特に日本人のサポーターやギリシャサポーターにとってはフラストレーションのたまる試合だっただろう。しかし、それにも関わらず上のような雰囲気を作り上げられることは、日本代表サポーターと相手サポーター、及び大会運営スタッフの隠れた功績かもしれない。

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング