【ブラジルW杯】アルジェリア戦後に韓国サポーターが残したゴミがひどすぎると韓国警察が嘆く 「ここはゴミ捨て場ではない」

ロケットニュース24 / 2014年6月24日 20時0分

【ブラジルW杯】アルジェリア戦後に韓国サポーターが残したゴミがひどすぎると韓国警察が嘆く 「ここはゴミ捨て場ではない」

いよいよ後半戦に突入したブラジルW杯。日本が戦うリーグ予選は残すところコロンビア戦だけとなったが、先日行われたコートジボワール戦とギリシャ戦後に、日本のサポーターが会場のゴミを拾っていたことが世界中で話題となったことは記憶に新しい。

一方、お隣の国・韓国では、パブリックビューイング会場にサポーターが残したゴミが問題になっているようだ。Twitter でゴミ問題を嘆いたのは韓国の大邱(テグ)地方警察庁。アルジェリア戦後の会場の様子を撮影して Twitter に投稿している。

その写真を見てみると、おびただしい数のゴミがあたり一面に散乱していた。また、写真と共に、

「ここはゴミ捨て場ではありません。あなたが情熱をこめて応援した国債報償運動記念公園の朝の様子です。あなたがいた場所に残されたゴミ……その場所をしばらくの間、ぼんやりと眺めていた環境美化員のおじさんの虚しい表情が思い出されます」

……と書き込んでいた。たしかに韓国はアルジェリアに2−4で負けており、多くのサポーターが悲しんだ気持ちは分からなくもないが、ゴミを放置して帰っていいことにはならない。韓国のネットユーザーも「ゴミを拾う気力も無くなったの?」、「本当に情けない」と嘆いているようだ。

日本でもパブリックビューイング会場でのゴミは問題になっている。少なくとも自分が出したゴミは持ち帰りたい。マナーを守ってワールドカップを楽しみたいものである。

参照元:Twitter @poldaeguNEWSIS.COM(韓国語)
執筆:なかの

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング