【三十代女子の恋愛奮闘記】カノジョにあらぬ不安を与える「クソ男」の事情とは?

ロケットニュース24 / 2014年6月30日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】カノジョにあらぬ不安を与える「クソ男」の事情とは?

先日、知人女性から「彼氏との関係性に距離を感じる」と相談を受けました。筆者は、いかに正式交際している恋人同士といえど、一定の距離は必要であると考えます。むろん、その距離の度合いにもよりますが。筆者の知人女性は「トイレ」に関する出来事をきっかけに、「彼氏は私に対して距離をとっている」と感じたようです。

・お泊まりデートの翌朝、突然「帰る!」と言い出した彼氏
筆者の知人女性をA子としましょう。事の発端は、A子が一人暮らしをする部屋に、彼氏が泊まりに来た翌朝のことでした。A子も彼氏も、朝食は食べない派とのことで、ホットコーヒーだけ出したそうなのですが、二、三口飲んだあたりで、突然彼氏が「帰る!」と言い出したのです。その日は仕事も休みで、ゆっくりしていけると聞いていただけに、A子はビックリしました。

彼氏に理由を訊ねたところ、「トイレ(大きいほう)に行きたくなったので自宅に帰りたい」とのこと。A子は、「だったら我が家のトイレですれば良いじゃん!」と、彼氏を引き留めたそうなのですが、彼氏は「いやだよ」の一点張り。結局、飲みかけのコーヒーを残して帰っていきました。

・原因は部屋の間取りかも
A子はたいそう憤慨し、「トイレを恥ずかしがるなんて、日本男児としてあるまじき振る舞い! 今後、同棲や結婚まで話が進んだときにどうするつもりなのか!」と鼻息を荒くしておりました。A子の気持ちがわからないわけでもないのですが、あえて彼氏の肩を持つと、A子の部屋は6畳ユニットバスのワンルームアパート。トイレと部屋の距離がとても近いため、彼氏は気まずかったのでしょう。

また万が一、大便が便器にこびりついてしまったときの対処も悩むところです。同棲する場合は、もっと広い部屋を借りるでしょうから、彼氏がトイレを恥ずかしがることもないかと思われます。

・突然「帰る!」はカノジョに不安を与えます
筆者が彼氏の立場だったら、大か小かという説明はせずにトイレを借りるでしょう。A子の彼氏は、突然「帰る!」などと言い出したために、余計な詮索をされ、「トイレに行きたくなった」などと言わされるハメになったのです。

むろん、予想外の大音量が鳴り響いてしまう危険性もありますが、その時はその時です。紳士の皆様、手狭なカノジョ宅でトイレに行きたくなったら、普通にトイレを借りましょう。突然「帰る!」などと言うと、カノジョ側は不安になります。恋する女性はとってもデリケート。不安にさせちゃダメですよ。

恋愛コラムニスト: 菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト: マミヤ狂四郎 Twitter

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング