【実験】『グリコぬりえ』で号泣会見イラストを使ってみたらドラえもんが「背中で泣く漢」になって悲しくなった

ロケットニュース24 / 2014年7月4日 21時0分

【実験】『グリコぬりえ』で号泣会見イラストを使ってみたらドラえもんが「背中で泣く漢」になって悲しくなった

製菓メーカーの江崎グリコは、2014年7月1日より3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』とコラボキャンペーンを開始した。そのキャンペーンがスゴイと話題になっている。

ポッキーやプリッツなどにドラえもんのオリジナル台紙がついており、専用アプリを起動してスマホで見ると、ドラえもんが飛び出して見えるのだ。それだけではない、ぬり絵になっていて、色を塗るとその塗った色のドラえもんが現れるのである。実はその台紙は、紛失した人のためにネット上で配布されているのだが、ご存じだろうか?

・ドラえもんが出てキターーーッ!
台紙を捨ててしまった記者(私)は、ネットでダウンロードして活用してみた。「グリコぬりえ」というアプリをスマホにインストールして、ぬり絵を施した台紙に、アプリを起動したスマホをかざすと……、ドラえもんが出てキターーーッ!! しかも動くじゃねえか、マジでスゲェエエッ!!

・背中で泣く漢
ただ塗るだけでは面白くないと思ったので、先日の号泣会見のイラストをのせてみた。すると、ちゃんと泣き顔が表示されるーーーッ!! スゲェエエエ! 背中で泣いている漢(おとこ)といった印象を受ける。

・反映具合に差がある
ちなみに、カンニング竹山さんのイラストと私の写真も使ってみた。どうやらあまり複雑な図柄は、うまく反映されないようである。また台紙の種類によっても、反映具合に差があるようだ。ぜひ商品を購入してためしてみて欲しい。

参照元: グリコぬりえ
執筆: 佐藤英典
Photo: Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング