マクドのドライブスルーでホットココアをこぼして大ヤケド! → 訴訟を検討中 → 第2の「マクドナルド・コーヒー事件」になるか? と大注目

ロケットニュース24 / 2014年7月7日 21時0分

マクドのドライブスルーでホットココアをこぼして大ヤケド! → 訴訟を検討中 → 第2の「マクドナルド・コーヒー事件」になるか? と大注目

外国では、何かあるとすぐに訴えて裁判で解決しようとする傾向が強く、また法外な損害賠償額を請求する人が多いことでも知られている。

そんななか、ある女性が英マクドナルドのドライブスルーでホットココアをこぼして火傷を負い、店を訴える構えを見せているのだ。米マクドナルドが、総額3億円近くの支払いを命じられた第2の「マクドナルド・コーヒー事件」になるか? と注目が集まっている。

・マクドナルドのドライブスルーで大火傷!
英リヴァプール市在住で22歳のサム・スミスさんが、マクドナルドのドライブスルーでホットココアを注文した際、ココアを膝にこぼしてしまった。

サムさんによると、ホットココアがあふれるほど注がれたカップのフタはきちんと閉まっておらず、カップホルダーもドリンクを2つ入れるには強度が足りなかったという。しかも段差部分があるドライブスルーの道がひどくカーブしていたため、運転しにくかったとも付け加えている。

・第2度熱傷の火傷で整形が必要!?
悪条件が重なった結果、熱さ85度のココアを膝にこぼしてしまった彼女は、母親がすぐに水をかけたものの、第2度熱傷を負いひどい水ぶくれができてしまった。熱傷専門医によって治療を受けているが、場合によっては整形外科手術を受けることになるかもしれないとのこと。

・マクドナルドを相手に訴訟を検討中
火傷のせいで、トイレで用を足すとき拷問を受けているような激痛に耐えているという彼女は、現在マクドナルドを相手に訴訟を検討中だ。

同社はサムさんの事故を調査するとともに、「当社でのドライブスルー中に事故が起きてしまったことに胸を痛めております。彼女の迅速な回復を祈るとともに、同じような事故が起きないよう従業員を十分教育する意向です」と謝罪コメントを発表している。

・有名なマクドナルド・コーヒー事件
マクドナルドでは似たような訴訟や苦情が相次いでいるが、特に有名なのが1992年に起きた事件だ。コーヒーを膝にこぼして第3度熱傷を負った客が、同社に対し訴訟を起こし勝訴している。そして填補賠償金額として16万ドル(約1600万円)と懲罰的損害賠償として270万ドル(約2.7億円)の支払いが、マクドナルドに命じられた。

クリーニングに出したズボンが行方不明になり、精神的苦痛を受けたことを理由に、78億円を店に賠償請求した人もいる。くだらないことで訴えられる心配がない日本は、平和だと痛感せざるを得ない。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング