【革命的グルメ】これは絶対に流行る! 超圧縮したハンバーガーが絶品すぎる件 / シャンクス

ロケットニュース24 / 2014年7月9日 12時0分

【革命的グルメ】これは絶対に流行る! 超圧縮したハンバーガーが絶品すぎる件 / シャンクス

BAR『シャンクス』は、バンズを燻製(くんせい)したハンバーガーを出す店としてグルメファンから絶大な支持を得ている。燻製によってバンズから漂う芳醇な薫りは、他のハンバーガーでは味わえない体験である。

・超圧縮したハンバーガー
そんな『シャンクス』が、またしても絶品なるハンバーガーを開発。燻製ハンバーガーも革命的だったが、今回の「圧縮ハンバーガー」も革命的だ。ハンバーガーを圧縮して調理するというユニークな調理法もおもしろいが、それ以上に美味しさが「尋常ではないレベル」に達しているのだ。

・象に踏まれたハンバーガー
このハンバーガーの正式名称は、スモーキースタンプバーガー。通称「象に踏まれたハンバーガー」と呼ばれている。燻製したバンズを使用している点は従来のハンバーガーと同じだが、チーズとパティをサンドしてバンズごと超圧縮! 圧縮、圧縮、圧縮!

・内部がどうなっているのか目視可能
完成したスモーキースタンプバーガーは、ややバンズの中央部に柔らかさを残しつつも、全体的に密度の高い固形と化している。上と下のバンズが完全に密着しているため、内部のパティとチーズを見ることはできない。しかし、食べやすいように切られた状態で出てくるので、つまめば内部がどうなっているのか目視可能。

・ギュギュッと圧縮されている
世界中のハンバーガーを食べてきた筆者(私)だが、圧縮以外のポイントでこのハンバーガーに違和感を感じた。何かが違う。そう、まったくパティから肉汁が出てこないのである。ギュギュッと圧縮されているのだから、肉汁が溢れてくるのが普通だ。しかし、まったく肉汁なし! カラカラである。過度にカラカラ!

・5本の指に入る旨味
「これ、アイデアだけが先行しただけで味はヤバイんじゃあないか?」と思った。だが、ひとくち食べてその考えを改めた。0.1秒で考えを改めた。今まで食べたハンバーガーのなかで5本の指に入る旨味がそこにあったのだ!

・食べた瞬間に液状化現象
このパティ、肉汁を保有していない代わりに、肉の粒子ひとつひとつに旨味がドライ状態で定着! 食べた瞬間に液状化現象を起こし、化学反応のごとく旨味がビッグバンを発生させるのだ! 液体ではない状態で膨大な旨味が含まれているのである。ドライな旨味がこんなにも美味しいとは驚きだ。

・爽やかさと濃厚さが織りなす矛盾
さらにこのスモーキースタンプバーガー、まったく油っぽくないので爽やかな状態で濃厚な旨味を堪能できる。「爽やかさと濃厚さが織りなす矛盾」ともいえる体験ができるのである。ジャンクでこってりなのに爽やか! ありえない現象ッ! もちろん、この料理にはビールがぴったりなので一緒に注文しよう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 シャンクス
住所 東京都渋谷区代々木4-1-5 参宮橋駅前ビル2F
時間 17:00~27:00 /土17:00~24:00
休日 日曜日

執筆: Kuzo.
Photo: RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング