【なにこれすごい】アメリカ生まれの「キャラメルアップル」が味も見た目も超斬新! 『ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー』

ロケットニュース24 / 2014年7月23日 12時0分

【なにこれすごい】アメリカ生まれの「キャラメルアップル」が味も見た目も超斬新! 『ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー』

女性だけでなく、みんなが大好きな甘い甘いスイーツ。世間では今日も新作スイーツが登場し、世の人のハートをわし掴みにしているが、これだけスイーツが溢れている時代、「それ見たことあるよ」「味が想像できる」という商品も少なくない。だがしかし……。

とある日、駅構内で、「なんじゃこれ!」と叫んでしまうレベルのスイーツに巡りあった! 『ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー』の「キャラメルアップル」だ! 見た目が斬新すぎて、味も全く想像できない! 食うしかないでしょ……! というわけでさっそく食べてみたぞ!!

・全米No.1チョコレートブランド
『ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー』は、1981年にアメリカはコロラド州で誕生し、小さな店から瞬く間に300店舗以上を構えるようになった、全米No.1チョコレートブランドである。

日本には2011年に進出し、現在国内に3店舗を構えていて、私(筆者)が発見したのは、東京メトロ有楽町線・新木場駅構内にある期間限定テナントショップであった。そのインパクトたるや……。思わず二度見し、吸い寄せられるように並んでしまったのである!

・おしゃれ度が格段に違うし味の想像もつかない
インパクト絶大な商品は「キャラメルアップル」である。棒に刺さったりんごに、キャラメルやチョコレートなどがコーティングされ、ナッツやクランチがトッピングされている。ショーケースの中に10種類以上が並べられており、原理は夜店で見かける「りんごあめ」と同じだが、おしゃれ度が格段に違うのだ!

味の想像もつかない。キャラメルとリンゴ……? チョコレートとリンゴ……? 聞けばリンゴは生であり、煮たり焼いたりと調理はされていないとのことだった。ますます味がわからない! ならば食ってみるしかない!! 一番シンプルな「キャラメルアップル プレーン」を購入し、持ち帰った。値段は800円である。

・未体験の味だった
お店の人の説明通りカットしてみると、全面をキャラメルにコーティングされていて忘れていたが、“生のりんご感” がありありと出てくる。いったいどういう味なんだ……? ここまで来ても謎が解けない。皿に盛りつけ食べてみると……!

んん? 正直に言えば、「うまい!」とすぐにはならなかった。味はそのまま、生のりんごとキャラメルを一緒に食べた感じである。りんごの酸味と濃厚な甘さのキャラメルが溶け合うのに時間がかかり、バラバラに食べている感じになってしまうのだ。

ただ、後引く味だったことは確かだ。「よくわからないな」と言いつつ、ついつい手が伸びる味である。気付けば完食していたし、もしかしたら口の中で溶けるのに時間がかかるキャラメルよりも、チョコレートの方がおいしさをダイレクトに感じられるかもしれない。とにかく未体験の味であったことは確かだ。

・都内で買えるのは2014年8月4日まで
新木場駅でキャラメルアップルを購入できるのは、2014年8月4日までだ。都内では、ここでしか買えないぞ。スイーツ好きならば、見ただけで悶絶してしまうほどキュートなビジュアルだ! アメリカ生まれの新感覚スイーツをぜひ試してほしい!

参考リンク:ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング