【三十代女子の恋愛奮闘記】公園デートでベンチに座るときにハンカチを敷いてくれない男はあり得ない!?

ロケットニュース24 / 2014年8月1日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】公園デートでベンチに座るときにハンカチを敷いてくれない男はあり得ない!?

あなたは普段、ハンカチを持ち歩いていますか? 小学生の頃は、ハンカチとちり紙を持ってきているかチェックがあったでしょうから、毎日携帯していたかと思います。ですが、大人になってからはすっかり持ち歩く習慣がなくなった人も少なくないでしょう。

ペーパータオルやハンドドライヤーが設置されているトイレが、増えたことも関係しているのかもしれません。さて、今回問題提起したいのはデート時のハンカチ事情について。ハンカチを持っていない男性ってアリですか? ナシですか?

・ハンカチを持たずにデート参戦したら駄々をこねられた
とある男友達から相談を受けました。公園デートのときに、足を休めようとベンチに腰掛けようとしたその瞬間、女性から「待った」がかかったとのこと。「ハンカチ敷いてくれないの?」と。彼が、ハンカチを持っていない旨を伝えると、「普段ならともかく、女性とデートする時にハンカチを持ってこないなんて、ドン引きだお!」と駄々をこねられたそうです。

・湿ったハンカチを敷いたらキレられた
男友達は、「たしかに小学生の頃、ハンカチは持ち歩くべきものと教わったなぁ」と反省し、次のデートにはハンカチ持参で赴いたとのこと。そしてほぼ同じシチュエーションで、彼はドヤ顔でベンチにハンカチを敷きました。ところが、再び女性から「待った」がかかったのです。「さっきトイレ行った時に手を拭いたハンカチだと、湿っているから座れないお!」と。詳しく話を聞いたところ、「2枚持参すべき」というのが相手女性の主張のようです。

・昭和かっ!
男友達のエピソードを聞いて、筆者は思わず「昭和かっ!」とツッコミを入れてしまいました。筆者の拙いデート経験上、ベンチに腰掛ける際にハンカチを敷かれた経験が皆無だからです。仮に敷かれたとしても、筆者は間違いなく辞退するでしょう。

だ、だ、だ、だって! 人サマのハンカチに尻を乗っけるだなんて、申し訳ないですよ。もちろん、着席中に放屁するつもりはこれっぽっちもございませんが、それを差し引いても尻は尻。尻は、排泄(しかも大)をする部位です。それを、殿方が汗水流して労働し稼いだお金で購入したハンカチに、乗っけるだなんて恐れ多い! 相手男性が次回ハンカチを使うときに、「うへぇー、尻が乗っかったハンカチか。ハンケツとはまさにこのこと」と、フラッシュバックされても嫌ですし。

・まとめ
ベンチに座るとき、男性がハンカチを敷いてくれなかったとしても駄々をこねるのはやめましょう。「私の尻を乗っけるのは心苦しい」という遠慮の気持ちを持って臨んでくださいね。

恋愛コラムニスト: 菊池美佳子 Twitter / ブログ
Photo:Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング