男がボイスチェンジャーを使って4人の人物を演じ分け同居男性から200万円騙し取る詐欺が発生 / ネットの声「コナンかよ!?」

ロケットニュース24 / 2014年8月7日 17時0分

男がボイスチェンジャーを使って4人の人物を演じ分け同居男性から200万円騙し取る詐欺が発生 / ネットの声「コナンかよ!?」

人気漫画『名探偵コナン』の見せ場と言えば、主人公のコナンが探偵の毛利小五郎を時計型麻酔銃で眠らせ、蝶ネクタイ型変声機を使って小五郎になりすまし謎解きをしていく推理ショーのシーンである。

そんなのフィクションの世界だけだろ……と思っていたら、変声機をたくみに利用したなりすまし詐欺事件が起こっていたらしい! なんと一人の男がボイスチェンジャーを使って父母姉を演じ分け!! 同居男性から200万円分の金品を騙し取っていたというのだ。

・美女からの友達申請
事件が起きたのは、中国の浙江省杭州市だ。2014年3月19日、現地で修理屋を営む陳さん(29)の中国版LINEこと「Wechat」に友達申請が来た。見てみると、めちゃくちゃ可愛い女性だ。陳さんは迷わず友達に追加したという。

・美女と付き合うことに!
女性は、24歳で弁護士。副業で貿易関係の仕事もしていると言ったそうだ。家族は両親に大学生の弟が一人で、弟はちょうど陳さんと同じ地区の祖母の家に住んでいるという。恋人はおらず、両親に早く結婚しろとせっつかれているらしい。

さらに、さらに彼女は自ら陳さんに電話をかけてきた! 電話は1時間以上に及んだが、話せば話すほど2人の息はピッタリだ。そして、めでたく交際することとなったのである。

・女性「弟の面倒を見てほしいの」
交際開始から2日目、女性は出張でスペインに出張することになったと言い、数日の間「弟の面倒を見てほしい」と陳さんに頼んできたそうだ。愛する彼女の願いだ、断るわけがない! 陳さんは二つ返事でOKした。

・女性の“両親”も交際を認める
さらにその日のうちに、彼女の “両親” からも電話が! “両親” は二人の交際について、反対しておらず「ゆっくり前に進んでいってもらえれば」と告げたという。

……こんなに早く両親から認めてもらえるなんて! 3日目にしてラブラブMAX、次に彼女がら電話がかかってきたときには「ダーリン」「ハニー」と呼び合う仲に発展した。

・ “弟” との同居生活
そして陳さんは “弟” と同居することに。このときまでは、彼女に対する警戒心もなくはなかったが、実際に “弟” に会ったことで「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」、というか「馬は手元にいるのだから将も逃げたりはしない」と、安心してしまったそうだ。

同居生活が始まると、陳さんは “弟” や、電話口の彼女の要求どおり、お金を借したり、ホテルを手配したり、スマホやPCなどあわせて12万元以上(約200万円)を費やした。

「会いたい」と言っても、何かと理由をつけて会ってくれない彼女。しかし、陳さんには彼女の “両親” から電話がかかってくるし、何より「義兄」として “弟” の面倒を見ている。会えない切なさはあったかもしれないが、疑念は抱かなかったようだ。

・愛する彼女は “オッサン” だった!
だがしかし! 出会って3カ月目に転機が訪れた。陳さんの貯金が底をついたのである!! そして陳さんの商売に陰りが見えはじめると “弟” は彼の元を去っていった。

彼女からの連絡も絶え絶えとなり、さすがにおかしいと思い始めた陳さん。貸した金も返してもらえず、ついに7月25日に通報。28日に “彼女” は逮捕されたのだが……その姿は小太りのオッサンだった。

・というか“家族”なんていなかった! 1人で4人を演じていた!!
そのオッサンの正体は同居していた“弟” である。その男は、ボイスチェンジアプリで“彼女”“両親”の3人を演じわけ、言葉たくみに陳さんから金品を巻き上げた詐欺師だったのだ。

この事件が発覚すると、ネットユーザーからは「まるで『名探偵コナン』だ」と驚きの声が寄せられた。

・警察「ネット上の交流には注意を」
現地警察によると、男は以前にも同じ手口で詐欺を働き2年間服役。2014年1月に出所するも、賭博で借金を背負い、また犯罪に手を染めたのだという。

ちなみに被害に遭った陳さんは最後まで彼女の存在を信じて疑わなかったとか……。警察は「ネット上の交流は十分注意してほしい。必ず相手の身分を確認すること、特に話が金品に及んだ場合は慎重になってほしい」と注意をうながしている。

参照元:浙江在線(中国語)
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング