【三十代女子の恋愛奮闘記】イチゴ味のかき氷に練乳トッピングでゆっくり食べるオンナは色恋を制す!?

ロケットニュース24 / 2014年8月10日 0時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】イチゴ味のかき氷に練乳トッピングでゆっくり食べるオンナは色恋を制す!?

8月です! 夏です! 夏といったらかき氷です。「ほかにも色々あるでしょ」というご意見は華麗にスルーします。さて、モテる女性とモテない女性では、かき氷の食べ方にも差が出るということをご存知でしょうか? 艶やかなかき氷の食べ方を身に着けて、周囲に差をつけちゃいましょう。

・シロップはイチゴで
メロン味やブルーハワイ味も美味しいですが、意中の男性の前ではイチゴ味をセレクトしましょう。理由は舌! グリーンやブルー系のシロップだと、当然のことながら舌もグリーンやブルーになるので、食べ終わった後ホラーになってしまうのです。その点、イチゴなら舌の色に近い赤色なので、あなたが魔人に見えることはありません。メロン味やブルーハワイ味などは、女性だけで食べる場でお楽しみください。

・トッピングに練乳を追加
別料金になってしまいますが、トッピングとして練乳を追加しましょう。男性のオゴリで食べる場合でも、トッピングの追加料金はせいぜい100円程度。あなたが100円以上の価値のある女性なら、男性側も喜んで払ってくれるはずです。練乳を追加する理由は、ご想像にお任せします。

・「頭がキーン」としている姿は見せない!
最後に、時間をかけてゆっくり食べましょう。急いで食べると、「頭がキーン」現象が起きます。ご存知のとおり、数分でおさまる一時的なものですが、頭痛を堪えている間の表情って、決して可愛いものではないんですよね。こめかみを押さえ、みけんに皺を寄せて唸っている姿は、可愛いどころか不気味ささえ醸し出します。可能なら、温かい飲み物と一緒に食べると良いでしょう。

・まとめ
かき氷は、夏限定の食べ物です。秋になって、「かき氷を食べる姿で男性を惑わせたい」と思ってももう遅いのです。今のうちに、かき氷を上手に活用して、モテスキルをアップさせましょう。

恋愛コラムニスト: 菊池美佳子 Twitter / ブログ
Photo:Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング