【衝撃】2750年に地球から韓国人が絶滅という分析結果

ロケットニュース24 / 2014年8月27日 16時0分

【衝撃】2750年に地球から韓国人が絶滅という分析結果

現在、地球には70億人以上の人間が住んでいるとされている。人間の数は右肩上がりで増え続けており、総務省統計局の資料によると26年後の2040年には人口は90億人を突破すると予測されている。

しかし、どの国でも増え続けているわけではないようだ。先日、韓国で行われた調査によると。2750年に地球上から “韓国人” が絶滅する可能性があるという。

・2750年に地球から “韓国人” が絶滅?
2750年に韓国人が絶滅。これは韓国・国会立法調査処が独自に開発したシミュレータによるものだ。韓国の合計特殊出生率は1.19と世界的に見て非常に低い出生率である。このペースを維持しつづけた場合、2750年に韓国人が地上から消えてしまうというのだ。

・国家存亡の危機
その、シミュレーション結果は以下のとおりである。

まず、2014年現在の韓国の人口は約5000万人。現在のペースで人口が減り続けると仮定すると、約120年後の2130年頃に1000万人に激減。そこから人口の減少は加速し、2198年に300万人、2379年に10万人、2503年に1万人、そして2750年にはゼロになってしまうらしい。

英メディア「Telegraph」によると、そうなった場合「世界初の人口減少による国家の消滅」になると報告されているとのこと。

・日本より先に絶滅か
日本でも、少子高齢化問題が叫ばれて久しい。2012年の東北大学の研究によると3011年に日本人は絶滅するというシミュレーション結果が出ているそうだ。

異なる研究機関での調査結果なので、一概に比較はできないが、『Wall Street Journal』では、「日本の人口は1億2000万人と、韓国の2倍以上であることが有利に働いているのではないか」と、分析されている。

かつては、増えすぎた人口のため1960年代~90年代まで「人口抑制政策」が取られていた韓国。それがたった20年で、人口減少による国家存続の可能性に及んでしまうとは……もちろんこれらの結果は、最悪の状況を仮定したもの。必ずしもこうなるとは限らないが、韓国国会では「政府は少子化問題の解決にもっと努力をすべき」という声があげられているとのことだ。

参照元:hankooki(韓国語)、FOX NEWS(英語)、総務省統計局
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング