“インド人街” のインド食材店で発見したインド版「カップヌードル」を食べてみた

ロケットニュース24 / 2014年8月31日 12時0分

“インド人街” のインド食材店で発見したインド版「カップヌードル」を食べてみた

カップヌードルと言えば、世界初のインスタントカップ麺。今や世界の多くの国々で販売されている超人気商品である。日本では、しょうゆ味の「オリジナル」や「シーフード」、「カレー」が有名だが、世界中で食べられているカップ麺だけに、各国ごとに様々な種類があるのだ。

今回はそんなバリエーション豊富なカップヌードルの中から、インド版のカップヌードルをご紹介したい。その名も「マスト・マサラ」味と「スパイシー・ベジタルブ」味である。両方とも「カップヌードル」のはずなのに……その味は今まで味わったことがないものだったのだ。

・“インド人街” のインド食材店で発見
このカップヌードルは、東京・江戸川区内にあるインド食材店「TMVS FOODS」で発見した。以前に本サイトでご紹介したインド料理店「スパイスマジック・カルカッタ本店」と同様に、西葛西の “インド人街” にあるお店である。

店内で見つけたのは、赤いパッケージの「マスト・マサラ」味と緑のパッケージの「スパイシー・ベジタブル」。まるで、赤いキツネと緑のタヌキみたいだが、パッケージには「CUP NOODLES」と記載されており、日清のロゴもバッチリ入っている。

記者(私)がこの2つを手に取り、店員さんに「味はどう?」と聞くと、「ベリーベリーベリーグッド!!」とのこと。これは期待できそうだ。

・パッケージに安藤百福氏の紹介
その2つを購入し、さっそくパッケージにお湯を注ごうとした際、カップに「Dr. Momofuku Ando」の文字を発見! 間違いなく、カップヌードルの発案者である安藤百福氏だ。

そこには、インスタントラーメンの開発者である安藤氏の功績が簡単に記されており、「第二次世界大戦後、食料難に苦しむ人々の苦しい状況を見て、インスタントラーメンのアイディアを思いついた」と書かれている。

・フタを開けてびっくり
お湯を注ぎ、パッケージに書かれている安藤氏の紹介文を読み、「そもそも安藤氏は博士だったのか! 恥ずかしながら知らなかったぞ」などと思いながら待つこと3分。インド版カップヌードルが出来上がった。

ちなみに、パッケージの中にある目印のラインまでお湯を注ぐこと、3分待つことなど、作り方は日本のカップヌードルと全く同じである。

だがしかし! フタを開けた時、一瞬「え!?」となるラーメンが出来上がっていたのだ。

・どちらもスープが少ない
まず、赤いパッケージの「マスト・マサラ」と緑の「スパイシー・ベジタブル」に共通することだが、麺がかなり膨らんでいるのだ。スープの量も、日本のカップヌードルに比べて少ない上に具材も寂しい。

規定のラインまできっちりお湯を注ぎ、しっかり3分待ったのに、まるで30分ほど放置したカップ麺のようになっているのだ。

・赤いパッケージの「マスト・マサラ」
多少の衝撃を感じつつも、赤いパッケージの「マスト・マサラ」の麺をすすってみた。すると……意外や意外、麺の硬さは日本のカップヌードルと大差はない。麺の太さもほぼ同じため、食感としては日本のカップヌードルと変わらない印象だ。

そして風味はやはりスパイシー。想像以上にピリッとくる。日本で販売されているカップヌードルの「カレー」味とはまた違う辛さだ。またスープ自体はそれほど辛くはない。スパイシーさを感じさせつつも、飲みやすいスープに仕上げられている。

・緑の「スパイシー・ベジタブル」
一方緑の「スパイシー・ベジタブル」も、麺の太さや硬さは赤い「マスト・マサラ」ほぼ同じ。こちらはベジタブルの風味が加えられているためか、赤い「マスト・マサラ」より、辛さが抑えられているようだ。日本人にはこちらの方が食べやすいかもしれない。

ところが、野菜の風味は感じられるのだが、具材としての野菜はほとんど見つからない……。かろうじて、割り箸で掴めるか掴めないかというサイズの野菜を数個見つけただけであった……。

とにかく両方とも、メンとスープの味に関して言えば、インスタントラーメンとしてはイケる! 特に辛いものが好きな人にはオススメだ。ただし先述の通り、スープの量に注意が必要。麺を残した状態でスープを飲もうとしたら、大量の麺がカップから鼻にずり落ちてくるぞ。以上であるっ!

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング