【富山グルメ】氷見でウマイ寿司を安く食べたいなら迷わず回転寿司に行け! 道の駅『ひみ番屋街』の回転寿司はシメサバさえも新鮮ぴっかぴか!!

ロケットニュース24 / 2014年9月16日 12時0分

【富山グルメ】氷見でウマイ寿司を安く食べたいなら迷わず回転寿司に行け! 道の駅『ひみ番屋街』の回転寿司はシメサバさえも新鮮ぴっかぴか!!


ぐるりと海に囲まれた日本は、全国各地にウマイ魚が食べられる土地がある。富山県氷見市もそのひとつ。氷見の寒ブリやイワシは日本中に名を馳せたブランド食材だ。

そんな土地で「とびきりウマイ寿司を食べたいなァ」と思ったら、地元の頑固職人がやってそうな店に行きたくなるのが人情というものだが、北陸のプロ(地元民)に言わせると、それも悪くないがプロにはプロのとっておきがあるという。氷見でウマイ寿司を食べたいのなら、迷わず回転寿司に行くべきだというのだ。

・道の駅の回転寿司にGO!
そういうもんなんですか!? しかし、餅は餅屋、トンカツはトンカツ屋、北陸は北陸プロだ。ということで、回転寿司に連れて行ってもらうことにした。車でプイーンとやってきたのは、なんと道の駅! 『ひみ番屋街』内にある「廻鮮氷見前寿し」だ。

休日、ランチタイムを外して14時をすぎた頃に訪れたのだが、うわぁ、全然空いてねぇ! 店内の待合椅子には飢えた目をしたファミリー&カップルがずらり!! 

・天然もんで勝負の「廻鮮氷見前寿し」
とはいえ、お店の回転は意外と早くそんなに待たずに席に座ることができた。待っている間に、その人気の秘密がわかってしまった! この回転寿司は「天然もん」にこだわっているのだ。富山湾をのぞむ道の駅は、氷見浜港の目と鼻の先。

また、道の駅公式サイトを確認してみると

「とれたて・にぎりたての本物の氷見を味わえるのはここだけと自負しております。」(ひみ番屋街サイトより引用)

と、書かれていた。これは期待だ。

・価格も100円~と超リーズナブル
しかもお値段も超リーズナブル!! 寿司は2貫で100円~! 訪れた日は、サーモン、エンガワなどポピュラーなネタも200円台。都内のチェーン店と比較してもそう変わらない値段で天然ネタが食べられるというのは驚きだ。

・マストオーダーの日替わり「氷見三種」
お店のおすすめは、その日のオススメの盛り合わせ「氷見三種(380円)」だ。毎日新鮮な魚と対峙するお店が選ぶのだから間違いない一品! この日は黒ムツ、カジキマグロ、つかい鯛。黒ムツと言えば高級魚だ。日替わりなので何が出てくるかは行ってみないとわからないが、これはマストオーダーだろう。

・ぴっかぴかのシメサバに感動!!
しかし! 記者(私)が個人的に感動したのはシメサバである。福井~京都を結ぶ鯖街道のさらに先の先出身の記者(私)にとって「シメサバ」とは酢の香りが立つ比較的白っぽいものだ。

だが、「廻鮮氷見前寿し」のシメサバは「これがシメサバ!?」と言いたくなるほど透き通った身でぴっかぴか! まるで刺身で、間違った皿を取ってしまったかと思ったくらいだ。見た目通り酢も集中したらほんのり香る程度。食べると脂がジュワっと口の中に広がりどこまでもまろやかである。こんなシメサバ食べたことがない!

和食に詳しいライターによると、水で割った酢でしめたのではないか、とのことだが、鮮度が落ちると臭みがでる青魚をこんな風に食べられるのは漁港そばの寿司屋ならではだろう。

・お寿司と「かぶす汁」でお腹いっぱい
大きな器に入った280円の「かぶす汁(あら汁)」も驚くほど具沢山。魚介たっぷりのかぶす汁と寿司で一人2000円前後で十分にお腹いっぱいになるだろう。確かに道の駅の回転寿司は新鮮でリーズナブル、コスパ最強だった。

『氷見番屋街』内には、地元の魚介類や農産物を扱ったお店も充実、天然温泉も隣接しているので、お腹いっぱいになった後も丸1日遊べそうだぞ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 廻鮮氷見前寿し
住所 富山県氷見市北大町25-5 道の駅「氷見」 氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
時間 10:00~21:00
定休日 1月1日

参考リンク:ひみ番屋街
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング