堪忍袋の緒もキレる! キャビンアテンダントがイラっとした飛行機の最悪マナー客画像17連発

ロケットニュース24 / 2014年9月20日 8時0分

堪忍袋の緒もキレる! キャビンアテンダントがイラっとした飛行機の最悪マナー客画像17連発

飛行機に積んでいる救命胴衣を持ち帰る、機内食のナイフとフォークで大乱闘座席の上でウンコをする……飛行機の中でキャビンアテンダント(CA)が出会うひどいお客は一人や二人ではないようだ。

そんなマナーの悪い客にもニコニコ笑顔でおもてなしをしなければならないCA。そのストレスは想像以上のものに違いない。そんなCAのために設けられたある Instagram とFacebookページが話題となっている。それは、CA自身が「これはヒドイ」と思ったシーンの写真を投稿し、うっぷんを晴らすというもの! 客のどんな行動をストレスに感じているのだろう? たとえば……

・座席の散らかしからオシッコ入りのペットボトルまで
座席の周りを食べ物や新聞などでひっ散らかしていく客。後の掃除が本当に大変! そして、やっぱりいた、トイレ以外の場所で用を足しちゃう子供!! 子供だから仕方がないと言われればそれまでだが、それを許す保護者に困ってしまう。

シートへのラクガキに、使用済みパンツの忘れ物に、ユニークなところではオシッコ入りのペットボトルなどなど……オシッコ入りボトルなんて爆弾そのものじゃないか!! なぜトイレに行かなかったんだーっ!?

・多いのは前の座席に足を乗せている乗客写真
CAから多くの写真が投稿されているが、意外と多かったのが、前の座席や壁に足を置く乗客である。狭い機内のなか、足を伸ばしたくなる気持ちはわかるが、ちょっとこれは行儀が悪い。掃除の手間も増えるし、周囲とのトラブルの原因にもなりかねない。乗客本人に悪気はなくても、これは「要注意!」と思われても仕方がないだろう。

・「旅の恥はかき捨て」じゃない!
「旅の恥はかき捨て」なんて言葉もあるが、狭い機内の中でトラブルは、スタッフに迷惑をかけるだけでなく、乗客自身にとっても旅自体が台無しになってしまうだろう。それに、いくらサービスが仕事だと言っても不要な迷惑をかけるのは褒められたことではない。

自宅で生ゴミを撒き散らしたり、床にウンコをしたり、オシッコを放置する人がいるだろうか? 機内にいたスタッフも、その機体自体も、もう二度と出会わないかもしれないが、それでも自分の部屋のように大切にしたいものである。

参照元:TIME(英語)、Instagram(英語)、Facebook
執筆:沢井メグ

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング