食べるのがもったいない! ホットケーキの生地でビートルズのメンバーを描くパパの絶妙テクニックに脱帽!!

ロケットニュース24 / 2014年10月6日 15時0分

食べるのがもったいない! ホットケーキの生地でビートルズのメンバーを描くパパの絶妙テクニックに脱帽!!

バリスタがデザインするラテ・アートの妙技に感動したことがある人は多いと思うが、ホットケーキアートを見たことがある人はいるだろうか? フライパンの温度差を利用して、「巧みにホットケーキの生地でイラストを描くパパの動画」がスゴいと話題になっているのだ。

・子供達のために始めたパンケーキアート
見事なホットケーキアートを作り出しているのは、アーティストのネイサン・シールズさんだ。彼は、二人の子供達のためにパンケーキでイラストを描き始めたとのことで、その腕はかなりのものである。まず動画では、スマホでビートルズのメンバーの写真を見ながらフライパンに向かった彼の手元が映し出される。そして……いよいよ作成開始だ!

・温度差を利用することで焦げ目がイラストに!
まず生地をボトルから押し出しながら、輪郭と顔のパーツをフライパンに描き、髪の毛 → 顔の順番に生地を流し込んでいく。そうすると先に流した生地には濃い焦げ目がつくため、温度差を利用してイラストを描けるというわけだ。生地をひっくり返すと見事にメンバーの顔が出来上がっていて、まさに脱帽もののテクニックである。

・食べるのがもったいない!!
そしてポール・マッカートニー、次にリンゴ・スター、ジョージ・ハリソン、最後にジョン・レノンと、それぞれの顔の特徴をうまくつかみながら、次々にメンバー全員のホットケーキアートを完成させていった。あまりにも素晴らしい出来上がりに、食べるのがもったいなくなってしまいそうだ!!

・ホットケーキ作りで偉人や生物についてお勉強!?
ネイサンさんはビートルズだけでなく、自身のFacebookページで数多くのホットケーキアート写真を投稿している。著名人ではレオナルド・ダ・ヴィンチやアインシュインなどを描いていて、子供達に偉人について学んでもらいたいとの意図がうかがえる。このほか、魚介類や動物を描いたアートも多く、パパと一緒にホットケーキを作りながらだと、子供達も楽しく色んなことを学べそうだ。

ホットケーキブームがまだまだ続く日本で、バリスタ並みにホットケーキアートを作り出す店が出てきても良さそうな気がする。もし、そんな店があったら大人気になるのではないだろうか。

参照元:YouTube、Facebook @SaipancakesCOED(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング