空港で「落とし物の持ち主を見つける犬のシャーロック」がカワイすぎる! と話題に → 単なる宣伝ビデオだと発覚しネットユーザーがガッカリ

ロケットニュース24 / 2014年10月6日 19時0分

空港で「落とし物の持ち主を見つける犬のシャーロック」がカワイすぎる! と話題に → 単なる宣伝ビデオだと発覚しネットユーザーがガッカリ

空港で見かける犬といえば麻薬探知犬だが、優れた嗅覚を使って麻薬の密輸を阻止するために大活躍している。そんなワンちゃんの嗅覚を他のことにも活かしてみようとばかりに、旅客機利用者の落し物の持ち主を探し当てるワンちゃん “シャーロック” が登場した!

その愛らしい姿を映し出した動画「KLM Lost & Found service」が大きな話題となったのだが、なんと単なる宣伝ビデオだったことが判明し、多くのネットユーザーが落胆しているのだ。しかし、ガッカリするのは早いかも!? 宣伝元の話によると、シャーロックが近い将来登場する可能性がありそうなのである。

・落とし物を発見するワンちゃんがカワイイ!!
乗客の落し物の持ち主を探し当てるワンちゃん、その名も “シャーロック” が活躍するビデオを制作したのは、オランダの KLM 航空だ。動画では、ポケットがついたベストを着用したシャーロックが、スーパーヒーロー映画のような音楽に乗せてドラマチックなスローモーションで登場。

さっそく機内で見つかったスマホをクンクン嗅いで、スタッフにベストのポケットに落し物を入れてもらったら、すかさず持ち主を探して走り出すのだ。

・動画を見たネットユーザーはメロメロに
そして空港内を走り続けるうちに、ついに持ち主を発見! スマホを受け取った女性は大喜びで、ヘッドフォンを忘れた男性にも無事に届ける活躍ぶりがカワイすぎるのだ。もうこの時点で、動画を見たネットユーザーはメロメロである。

・シャーロックは実在しないことが判明
ところが動画が話題となった後、KLM 航空の広報担当者が、

「シャーロックは、落し物発見チームの宣伝ビデオのために出演しただけで、チームのメンバーではありません」

と述べていたことが判明し、多くのユーザーが落胆する結果となってしまった。

・近い将来、シャーロックが登場する可能性も!
動画の後半には、シャーロックを “落し物発見犬” に育て上げたというドッグトレーナーまで登場。さらに「シャーロックは KLM 航空になくてはならない存在よ」と語るスタッフの言葉もあり、シャーロックが実在するとユーザーが勘違いしてしまってもおかしくない作りとなっているのだ。それだけに、ユーザーのガッカリぶりは大きかったかもしれない。

しかし同社の広報担当者は、「近い将来、シャーロックが登場する日が来るかもしれません」とも付け加えている。

シャーロックに落し物を届けてほしくて、わざと荷物を置いていく乗客が出そうなほどカワイイのである。ただの宣伝ビデオに過ぎなかったとは残念だが、広告として十分楽しめる作りとなっているので、ぜひ動画をご覧いただきたい。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング