【画像あり】可動式フィギュア『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズがハンパないクオリティ!「最高に “ハイ” ってやつだァァァアア!!!!!」

ロケットニュース24 / 2014年10月12日 0時0分

【画像あり】可動式フィギュア『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズがハンパないクオリティ!「最高に “ハイ” ってやつだァァァアア!!!!!」

主にアニメやゲームのキャラクターを立体化したものが「フィギュア」であるが、その種類は大きく分けて2種類がある。「可動式」か「非可動式」である。以前ご紹介した、キン肉マンのフィギュアは非可動式であるから、造形そのものの美しさが求められる。

一方の可動式は、パーツごとの造形美と可動範囲の広さがポイント。より広く可動することで、自由度の高いポージングが可能になり、持ち主の好きなように動かせるのだ。そんな可動式フィギュアでここ数年メチャメチャいい出来なのが、メディコスの「超像可動」シリーズである。

・約70体がリリースされた人気シリーズ
メディコス・エンタテインメントの超像可動で一番有名なのは、「ジョジョの奇妙な冒険」だ。2009年1月からほぼ毎月新作が発売されており、そのクオリティがハンパない。現在までカラーバリエーションも含め、約70体がリリースされた超人気シリーズなのだ。

発売当初は、今と比べてイマイチ顔が似ていないこともあったが、それもすぐに改善された。価格も、3500円~5000円くらいと手が届きやすいのもありがたい。さらに嬉しいのは、コレクター魂をくすぐりまくる、超豊富なラインナップである。

・人気キャラじゃなくても立体化されてる
私(筆者)は第一弾からほぼ全てを購入しているのだが、当時は「どうせ人気キャラだけでしょ……?」と思っていた。ところがどっこい!「え!? そこ行きます?」という、決してメジャーじゃないキャラクターまでを立体化されているのだ! 

しかもメディコスで立体化されないものでも、可動式ではないが関連会社の「ディ・モールトベネ」でフォローされるものもある! あればあるだけ欲しがるのがコレクターの性(さが)……。この欲求はもう誰にも止められないッ!!

・可動式だから無限大のポージングが可能
とにもかくにも画像を確認していただきたい。ハンパないクオリティであることは一目瞭然なハズだ。可動式なのでパーツの微妙な角度や、カメラの距離によって印象が全く違う。さらに1体だけでなく、複数体を組み合わせると無限大ともいえる表情になるのだ。

詳しいラインナップは公式サイトを確認してほしいが、発売終了になっているものもある。ただし、再版されることもあるから根気強く待とう。いますぐ欲しい人は、ネットオークションに出回っているが、プレミアが付いていることも多いので、財布とよく相談してほしい。

・個人的なお願い……
最後に一点、メディコス・エンタテインメントに個人的なお願いをしたい。実は超像可動にはキン肉マンシリーズもあったのだが、わずか3体で終了してしまったのだ……。メディコスさん、お願いですからキン肉マンシリーズを復活させて下さい! お願いしますッ!!

話はそれてしまったが、ハンパないクオリティの超像可動・ジョジョの奇妙な冒険シリーズをご堪能いただきたい。今回は第3部「スターダストクルセイダーズ」画像集をお届けする。いつか機会があれば、3部以外もご紹介するぞ!

参考リンク:メディコス・エンタテインメント
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング