【宇宙人秘話】 あるエンジニアが死の間際に「宇宙人は存在する」と写真を公開 → 「嘘だ!」とネットユーザーが真実を暴きにかかる

ロケットニュース24 / 2014年11月5日 0時0分

【宇宙人秘話】 あるエンジニアが死の間際に「宇宙人は存在する」と写真を公開 → 「嘘だ!」とネットユーザーが真実を暴きにかかる

誰もが心のどこかで「宇宙人は、いるのではないか?」と思いつつも、どうしてもうさん臭く聞いてしまうのが “宇宙人体験談” だ。「宇宙人はいます! この目で見ました!」と、いくら言われても、どうしても心の底から信じることができない人も多いのではないだろうか?

今回も、米有名宇宙企業の元エンジニアの男性が、この世を去る直前に「宇宙人はいる」との言葉を残し、その証拠写真も公開したのだ。しかし彼の証言について、多くの人が「嘘だ!」と指摘。ネット界をあげての検証作業が進められているらしいのだ!

・有能なエンジニアだったボイド・ブッシュマンさん
米航空機・宇宙船企業「ロッキード・マーティン」や「ヒューズ・エアクラフト」の主任研究技師を務め、米空軍管理の「グレーム・レイク空軍基地(通称:エリア51)」で働くなど、華々しい経歴を持つボイド・ブッシュマンさん。

2014年8月7日、78歳でこの世を去った彼は、人生の最後に1本の動画を公開したことで、ネット上で話題の人となったのだ。それは、「宇宙人は存在し、アメリカの基地で働いている」と話し、宇宙人の写真も公開したからである。

・UFOの上で宇宙人と共に働く人間
動画のなかでブッシュマンさんは、人間と宇宙人が一緒に働いていることを明かし、「仕組みを学ぶために、UFOのなかで宇宙人と一緒になって働く人間もいます。もちろん、宇宙人には敬意を払いながらね」と説明している。

現在18名もの宇宙人が働いていると彼が主張する “エリア51” は、実はUFOの目撃情報が多数寄せられている有名なスポット。墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究しているとの噂も立っているのである。

・宇宙人は2つのグループに分かれている
ブッシュマンさんによると、宇宙人の身長は大体150cmくらいで、長い指と水かきのついた足が特徴。テレパシーでコミュニケーションをとり、地球から45年の距離にある “Quintumnia” という星から、直径約10mのUFOに乗ってやってきたのだとか。そんな宇宙人は、2つのタイプに別れているということだ。

「現在、2つのグループの宇宙人が存在しています。 “家畜の世話をするタイプ” と、 “家畜を盗むタイプ” で、それぞれ違った特徴があります。前者の方がずっと友好的で、地球人とよりよい関係を築いています。」

・「あの宇宙人はオモチャだ!」とネット上で指摘が
さて、上記のように宇宙人について述べたブッシュマンさんの動画が公開されると、ネット上では「嘘だ!」との声が爆発。どこがどのようにおかしいのか、様々な検証がなされた。例えば、ブッシュマンさんが公開した写真に収められている宇宙人は、Amazonなどで購入可能なオモチャであると指摘されている。

米サイト「Reddit」でも、多くのユーザーがブッシュマンさんが紹介した写真が、いかに嘘っぽいかでなど盛り上がっている。なかには、これまでの彼のエンジニアとしての功績に敬意を表しつつも、「このインタビューは最悪の出来だ」と悲しむユーザーも見受けられた。

・WIkipedeia上では、「いかさま情報」と分類される
また、2012年にもブッシュマンさんは同様の話をすでに披露していたが、詳細が曖昧(あいまい)で、“米政府の極秘資料” として見せられた写真なども偽物くさかったと当時のインタビュアーは話している。

果ては “ボイド・ブッシュマン” という名の人物の死亡記録が確認されない、そもそもエンジニアとしての経歴自体が嘘だと報じるサイトも出てくるなど、ネット上ではブッシュマンさんの証言を「疑わしい」と断定する空気が濃厚。Wikipedia上のブッシュマンさんのページも、「ネット上のいかさま情報」に分類されてしまっているのであった。

個人的な話しで恐縮なのだが、筆者は年配の男性に弱いため、張本人が亡くなった今、ここまで「嘘だ!」とフルボッコにしてくる人々に反論できないのがなんとなく悔しい……。確かに眉唾だと思うことは認めるが、ブッシュマンさんと宇宙人が一緒に働く姿を想像すると「本当だったら素敵だなぁ」と思えてしまうのだった。

参照元:You TubeMy San AntonioWikipediaNY Daily News(英語)
執筆:小千谷サチ
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング