高知県の『カツオ人間』にどうすれば公式キャラになれるのか聞いてみた → カツオ人間はゆるキャラでも公式でもないことが判明(笑)

ロケットニュース24 / 2014年11月5日 20時0分

高知県の『カツオ人間』にどうすれば公式キャラになれるのか聞いてみた → カツオ人間はゆるキャラでも公式でもないことが判明(笑)

2014年10月19日に有楽町で行われるイベントに登場、多くのファンを集めたカツオのぶつ切り頭と、人間を合わせた高知県のマスコットキャラクターといえば、『カツオ人間』だ。

こんなキモかわでエキセントリックなキャラなのに、高知県出身の女優・桑原みずきさんと一緒に高知県のプロモーションを行うなんてスゲェ! ロケットニュースのハードなキモキャラ『ハードく○モン』も、カツオ人間みたいに愛されるキャラになりたい!

……ということで、イベント当日にカツオ人間に直撃インタビューを実行! どうしたらハードく○モンも熊本県やくまモンの公式キャラになって、イベントに出られるようになるのかその秘密を探ることにしたぞ。

・奇跡的に承諾をもらえた
イベントでカツオ人間に会えるよう超お願いしたところ、終了後少しだけなら話を聞いてくれると承諾を貰えた! さっそくハードく○モンとカツオ人間のところへ向かうと、なんといきなり蹴られたんだが(笑)。

カツオ人間は喋れないので通訳をしてくれたカツオ人間の上司である局長に話を聞いてみると「こんなキモいくまモンのパクリキャラが公式になれるわけないだろ! なんか体の部分は真っ黒でカツオ人間のパクリかと思ったし、話なんて聞けない! 出ていけ!」と激怒していたようだ。

確かに子供が泣くぐらいキモい見た目なのでカツオ人間の気持ちは良く分かるし、完全にパクっているので言い訳の仕様が無い。改造手術などをして、少し見た目などを改善する必要がありそうだ。

・カツオ人間の衝撃事実
また、カツオ人間についても話を聞いてみたところ、なななななななななんと「高知県の公式キャラクター」ではないことが発覚! マスコットで高知県のPRに協力はしているが、けっして公式キャラではないらしい。

さらに「ゆるキャラ」ではないため、ゆるキャラグランプリなどにも出場しないとのこと。性格は土佐の男らしく頑固で気骨があり、趣味は一本釣りとサーフィンというあまりに男前すぎるキャラなので、ゆるくないのだろうか……。

だが、ある意味“非公式で高知県に認められたキャラクター”という意味では、公式キャラのくまモンや非公式キャラで一般に絶大な人気を誇るふなっしーに勝るとも劣らないぐらい、じつはスゴい存在なのかもしれない。

ハードく○モンも「くまモン公式キャラになってカツオ人間を見返してやる! 道のりはハードだけど頑張るモン!」と言っていたので、ちょっと勇気が湧いたようだ。ありがとうカツオ人間。ありがとう高知県のみなさん。今夜はイベントでもらった高知県のしめじを食べてエナジーを補充することにします。

Report:なかの
Photo:Rocketnews24.
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング