【やっちまった】歴史あるニュースチャンネルで放送事故! 中継がつながったことに気づかずに天気予報士が立ちションをかます

ロケットニュース24 / 2014年11月9日 15時0分

【やっちまった】歴史あるニュースチャンネルで放送事故! 中継がつながったことに気づかずに天気予報士が立ちションをかます

テレビ関係の仕事に従事していなくても、その大変さは番組を見ているだけで伝わってくる。放送時間内に伝えなければいけない内容を伝え、なおかつ時間をもてあますようなことがあってはいけない。

特に生放送となると、その緊迫感は尋常ではない。何かミスがあったら番組存続の危機に瀕することも珍しくないからだ。最近アメリカの三大ニュースネットワークのひとつ「NBC」でトンでもない放送事故が発生した! 天気予報士が中継がつながったことに気づかず、なんと立ちションをしていたのである、やっちまったな……。

・歴史あるニュースチャンネル
珍事が発生したのは、NBCのナイトリーニュースである。この番組は1970年から続く歴史ある報道番組だ。2014年11月1日の放送で、ニューヨークのスタジオからノースカロライナ州のシュガー・マウンテンを中継でつないだのだが、天気予報士が中継がつながっていることに気づかなかった。

・ハイ! マイク
実はその時、予報士のマイク ・サイデル氏は立小便をしていたのである。その姿が放送されてしまったのだ。番組のホストを務めるレスター・ホルト氏が「ではウェザーチャンネルのマイク・サイデル氏を呼んでみましょう。ハイ! マイク」と呼び出したのだが、中継に気づかずにカメラに背を向けたままだった。

・なぜ映像をつないだ
マイク氏はなぜ、中継がつながったのに気付かなかったのだろうか? それにも増して不思議なのは、現地のスタッフの誰かほかの人が気づき、中継をつながないことだってできたはずである。なのに、なぜ? マイク氏がこの後どうなってしまったのか、気になるところである。

参照元:YouTube(英語)
執筆:佐藤英典
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング