NYとニュージーランドのナンパ術はココまで違う!! 「街を歩く女性に声をかける男性の数」が雲泥の差!

ロケットニュース24 / 2014年11月13日 14時0分

NYとニュージーランドのナンパ術はココまで違う!! 「街を歩く女性に声をかける男性の数」が雲泥の差!

土地柄によって住んでいる人のキャラは違うものだ。分かりやすい例で言えば、よくテレビでも比較される東京人と大阪人。番組で、2都市のボケとツッコミ具合の仕方を比べるコーナーがあったりするが、街によってはナンパ術も違うようである。

というのも、ニューヨークとニュージーランドの街で若い美女が街を歩き、何人の男性に声をかけられるか比較する動画が、かなり興味深いのである!! きっと「ここまで違うのか!」と、多くの人が結果に驚くのではないだろうか。

・ニュージーランドのナンパ事情は!?
ニュージーランドのオークランド市で実験台となってくれたのは、モデルとして活躍するニコラ・シンプソンさん。スッピンでも美しい顔が際立ち、カジュアルなセーターとジーンズ、スニーカーというシンプルな出立ちでも目を引く美女である。

そんな彼女が街を颯爽と闊歩して、一体何人の男性から声をかけられるか隠しカメラで撮影する実験を行った。

・ナンパ目的で声をかけた男性はたった1人!
しかしニコラさんが延々と歩き続けても、声をかける男性はいっこうに現れない。唯一、ナンパ目的で声をかけたらしいヨーロッパ訛りの男性は、彼女がイタリア人かどうか訊ねて “素敵だね” と言葉をかけただけだった。

そして次に話かけたのは地図を手にした男性で、彼は純粋に道を聞いただけでナンパとは程遠い。結局、下心アリアリでニコラさんに声をかけた男性は、たった1人だったのである!

・ニューヨークでも同じ実験を実施
さて場所は変わってニューヨーク。実験台になってくれた女性は、ショシャーナ・B・ロバーツさんだ。女優のショシャーナさんは可愛らしいが、前出のニコラさんとは違うタイプの女性だ。

では、同じくジーンズにTシャツというカジュアルな格好の彼女が、ニューヨークを歩くと一体どうなるのだろうか!?

・ニューヨークはかなりヤバいぞ!!
早速ショシャーナさんが街を歩きだすと、次々に男性が「やあ元気!?」「キレイだな~!」「ヘイ、ベイビ~!!」と声をかけまくりなのだ!! 一方の彼女は、一切口をきかずに笑顔もナシ。それなのに男性陣は諦めることなく声をかけ、なかには後をつけて来る輩までいる有様。10時間にわたり街を歩き回った結果、声をかけてきた男性はなんと100人以上にも上ったのである!

・やはり土地柄の差は大きい!?
もちろん、人口130万のオークランドに比べてニューヨークは840万人。それだけ男性の人数も増えるわけだが、それにしても土地柄が反映された結果と言えるのではないだろうか。

ニューヨークは、様々な人種や文化が入り混じる “人種のるつぼ”。なので、なかにはチャラいというか女性の美を積極的に褒める男性もいるわけで、それが結果として現れたと思って良さそうだ。

ニューヨークの動画を見た筆者は、さすがにここまで声をかけられまくったら “ウザいだろうな~” との感想を持った。だが実際のところ、そんな経験をしたことはないのであった。

参照元:YouTube[1][2]Mashable[1][2]
執筆:Nekolas
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング