【緊急速報】23時以降は東~南の空に注目!! 今日11月17日から明朝に「しし座流星群」がピーク! おうし座流星群との “ダブル流星群” の可能性あり

ロケットニュース24 / 2014年11月17日 20時1分

【緊急速報】23時以降は東~南の空に注目!! 今日11月17日から明朝に「しし座流星群」がピーク! おうし座流星群との “ダブル流星群” の可能性あり

今夜は空に注目! みなさん、空を見上げてください!! 主要流星群のひとつ「しし座流星群」が今晩から明朝にかけてピークを迎える。

さらに、さらに!! 今夜はおうし座流星群も観測できる可能性があるとのこと。23時以降ならダブルで流星群が観測できるかもしれないようだ。さぁ、東~南の空を眺めてみよう!

・ピークを迎えるしし座流星群
「しし座流星群」は毎年11月に観測でき、大体18日頃にピークを迎える流星群だ。国立天文台によると1時間あたりに観測できる流れ星の数は10個程度とのこと。

三大流星群である「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」と比べると少ないが、何と言ってもスペシャルなのは「おうし座」とのダブル流星群を観測できるかもしれないとうことだ。

・ダブル流星群のチャンス!?
実は、「おうし座流星群」は毎年10月中旬~11月末に観測できる流星群。ピークはすでに過ぎてしまっているが、まだ観測できる可能性があるとのこと。

ただ、こちらはピーク時でも1時間に5個見れたら良い方なので、じっと目を凝らす必要があるだろう。とは言うものの、ひときわ明るい「火球」と呼ばれる流れ星を観測できるチャンスがあるそうだ。数はなくても明るさに期待したい。

・おうし座流星群はオリオン座を、しし座流星群は木星を目印に
おうし座流星群の放射点となるおうし座はオリオン座を目印に探すと良いそうだ。国立天文台によると、オリオン座は20時頃には東の空に姿を見せるそう。おうし座を探すのは大変だがオリオン座ならわりと簡単に見つけだせるので、そのあたりをじっと観察してみよう。

一方のしし座流星群の放射点となるしし座の目印は木星だ。木星は23時頃に東の空に顔を出し始める。その頃のオリオン座は南東の空だ。両方を一度に観測できたらなぁ、と思っている人はやはり23時以降に東~南の空を眺めると良さそうである。

なお、明日の夜明けの時刻は5時45分頃と予想されている。ダブル流星群のチャンスは23時~翌5時頃と見ていいだろう。

・寒いのが苦手な人は中継を利用しよう
気になるのはお天気と気温である。ここ数日でグっと冷え込んでいるので、外に行くのが厳しい人はUSTREAMや、ウェザーニュースが提供している全国7カ所からの同時中継を利用してもいいだろう。地域によっては観測条件が厳しいところもあるようだが、少しでも多く流れ星が見れますように!!

参照元:国立天文台 [1] [2]tenki.jpウェザーニュースYouTube
執筆:沢井メグ
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング