世界一長身の男性と世界一小さい男性が初対面! その身長差は196センチ!!

ロケットニュース24 / 2014年11月18日 17時0分

世界一長身の男性と世界一小さい男性が初対面! その身長差は196センチ!!

様々な世界一を記録することで知られているギネス世界記録。そんなギネスの60周年を記念して、画期的なイベントがロンドンで開催された。

その会場で世界一の長身男性と世界一小さい男性が初めて対面し、記念撮影をしたのである。その身長差は196センチにもなるが、お互いに共感し合える点があるという二人は、対面に大喜びしていたというのだ。

・二人の世界一が初対面!
世界一の長身男性はトルコ人のスルタン・コーセンさん(31歳)で、身長は2メートル51センチ。対する世界一背の低い男性は、ネパール人のチャンドラ・バハドゥール・ダンギさん(74歳)で、身長は54.6センチだ。

イベントでは、ウェストミンスター宮殿の前でポーズを撮る二人をひと目見ようと多くの人が集まった。二人の身長差が大きいためスルタンさんが、かがんで手を伸ばさなければ二人は握手できない状態だ。

・二人の身長差は196センチ
2009年スルタンさんは、それまで世界一長身だった2メートル36センチの中国人シ・シュンさんに代わり、“最も背の高い男性” としてギネス記録に認定された。

一方のチャンドラさんは、世界一小さい男性だったインド人のガル・モハメンドさんの57センチを2センチ上回る記録で、“最も背が低い男性” として登録された。スルタンさんとチャンドラさんの身長差は196センチにもなる。

・身長差は大きくても通じ合える点が!
身長差は大きくても共感できる点があると、スルタンさんは語っている。「僕は長身でチャンドラは小さいけど、人生において身長で苦労した点は同じです。チャンドラの目を見て、彼がいい人であることが分りました」と、違う言語を話していても通じ合えたようである。

そしてチャンドラさんは、「ギネス世界記録保持者として、ロンドンを訪れることができたことを光栄に思います。また、スルタンと会えたことは特別な出来事でしたし、ネパールを代表できたことを心から誇りに思います」と述べている。

・他にもオモシロい記録が続々登録
二人の対面が60周年記念イベントの大きな目玉となったが、他にもオモシロい記録が続々と登録されている。中国の上海では、何人がベッドの上で同時に朝食をとれるかという挑戦が行われ、最多数の388人を記録した。そして、お米で作ったモザイク画が1789平方メートルで記録を達成、また別会場で同時にラインダンスを踊るチャレンジは、2万5703人をマークした。

本場イギリスでは、ペンギンの格好をした人が同時に集まる試みが行われ、前回の325人を大きく上回る373人が参加して記録を残した。

イベント当日はオーストラリアやフランス、日本といった世界各地で世界記録を目指すイベントや挑戦が行われた。ギネスに記録を残したいという人は、大勢で参加できるイベントに参加してみたら楽しい思い出になるかもしれない。

参照元:Twitter @GWRE!OnlineMashableThe Telegraph(英語)
執筆:Nekolas
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング