衆議院解散でフライングバンザイ? 2012年解散と同じタイミングなのに奇妙な空気が流れかなり気まずいムードに

ロケットニュース24 / 2014年11月21日 17時6分

衆議院解散でフライングバンザイ? 2012年解散と同じタイミングなのに奇妙な空気が流れかなり気まずいムードに

2014年11月21日、衆議院本会議でついに衆議院の解散が宣言され、これから事実上の選挙戦へと突入する。選挙は12月2日に公示、14日に投票が行われることとなっている。

実はその解散を宣言する際に、少々奇妙な空気が流れたようだ。というのも、伊吹衆議院議長が解散詔書(かいさんしょうしょ)を読み上げる際、議員が少し早く万歳三唱をしてしまったため、伊吹議長が思わず万歳のタイミングを促す一幕があったのである。

・詔書の一文を読んだところで
伊吹議長は詔書の読み上げを行う旨を議員に伝え、「日本国憲法第7条により衆議院を解散する」と最初の一文を朗読したところで、突然どこからともなく「バンザーイ!」の声が上がったのだ。すると、他の議員もそれにつられて声を上げてしまった。

・議長、自らきっかけを与える
この万歳により、なんだか議場は妙な空気感に……。朗読の途中であることを察した議員も少なくなかったようで、満場一致とはならず、自然に万歳は鳴りやんだ。改めて伊吹議長は詔書の朗読を続け、読み終えたところで「万歳はここでやってください」と、議員に万歳のきっかけを与えたのだ。

・フライング?
ネット上ではやや先走り気味だった万歳を揶揄して、「フライング解散」や「フライング万歳」などのコメントが投稿されている。しかし、2012年の衆議院解散の映像と見比べてみると、今回の万歳タイミングはほぼ同じであることが分かる。

当時の横路孝弘衆議院議長は今回の伊吹議長と同じように「日本国憲法第7条により衆議院を解散する」と詔書を読み上げたところで、万歳の声が上がっているのである。なぜ万歳タイミングが同じなのに、今回に限って奇妙なムードになってしまったのだろうか? なんだか今回の選挙戦を占うような、不穏な選挙入りである。

参照元:NHK
執筆:佐藤英典
イラスト:Rocketnews24
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング