17歳の青年が「メール速打ちのギネス世界記録」を更新! 神技のようなタイピングの早さにド肝を抜かれるぞ!!

ロケットニュース24 / 2014年11月27日 23時0分

17歳の青年が「メール速打ちのギネス世界記録」を更新! 神技のようなタイピングの早さにド肝を抜かれるぞ!!

今の時代、電話で喋るよりもメールで会話する方が普通になってしまった感がある。好きな時に送れて時間がある時に読めるメールの利点は、それほど相手の都合を考えずにやり取りできる点だろう。

そんな、今となっては欠かせない存在となったメールだが、先日なんと、メール速打ちのギネス世界記録が更新されたというのだ。なんでも、前回の記録保持者が、新たな新記録を樹立してしまったという……! ということで、神技のようなメール速打ちを見せる17歳の青年について紹介したい。

彼のタイピング技は動画「Fleksy Keyboard Breaks the Guinness World Record for Fastest Texting」で確認できるぞ!

・タイピングアプリを使って新記録に挑戦!
様々な世界一を記録することで知られているギネス世界記録には、メールの速打ちも記録されている。今回 iPhone6 Plus を使って新記録を樹立したのは、ブラジル出身で17歳のマーセル・フェルナンデス・フィリホ君だ。

ブラインドタッチでも英文字入力ができるタイピングアプリ「Fleksy」を iPhone にインストールした彼が、自ら打ち立てた世界記録18.19秒を破るべく、新たなチャレンジに挑んだのだ。

・複雑な言葉を含む25単語の文章を打ち込む
ルールは、前もって用意された25単語からなる英語の文章を間違うことなく打ち込むだけ。だが、文章の内容は肉食淡水魚のピラニアについてで、ややこしいピラニアの名前が登場したりと、かなり打ちにくそうな文章である。

・前回の記録を大きく上回る17秒で新記録を樹立!
審判に「破らなければいけない記録は18.19秒ですよ」と念を押され、いよいよ “3.2.1.” の掛け声に合わせてメール速打ちの開始だ! マーセル君の挑戦動画を見ると、彼のタイピング技の速いこと速いこと!! アプリを使っているとはいえ、複雑なスペルを含む単語をここまでのスピードで打ち込むには、かなりの反射神経が必要だろう。

そして結果は、なんと18.19秒を大きく上回る17秒という速さで世界新記録を再び樹立!! 彼は自分に挑んだチャレンジで見事に勝利を収めたのである!

・スマホ依存ではない
これだけの速さでメールを打てるだけに、マーセル君はメール依存症なのでは思いきや、そうではないらしい。「子供の頃から電話が大好きで、今はスマホを愛用している。でも一日中スマホをいじっているわけではないので、依存しているとは思わない」と、本人は語っている。

マーセル君の技は脱帽ものだが、メールが生活に浸透してしまったばかりに、実際に声を聞きながら話をする機会が減ってしまったご時勢は残念である。TPO をわきまえながら、電話とメールをバランスよく使用してコミュニケーションを図りたいものだ。

参照元:YouTubeBUSINESS INSIDERCNNGUINNESS WORLD RECORDS(英語)
執筆:Nekolas
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング