漫画家水木しげる先生が92歳にして『とんかつマックバーガー』にチャレンジ! そして「がいにうまい!」と完食

ロケットニュース24 / 2014年12月2日 10時0分

漫画家水木しげる先生が92歳にして『とんかつマックバーガー』にチャレンジ! そして「がいにうまい!」と完食

妖怪漫画といえば、誰もが真っ先に思い浮かべるのは『ゲゲゲの鬼太郎』ではないだろうか。その作者である水木しげる先生は現在92歳でありながらも、活発に執筆活動を続けている。

そんな水木先生はハンバーガーが大好きで、過去にマクドナルドの期間限定商品『テキサスバーガー』を完食している。水木プロダクションの公式Twitter によると、最近も『とんかつマックバーガー』を平らげたのだとか。その時の様子について、次のように投稿している。

・水木プロダクションの投稿

「包みを開けて手渡すと、指まで食べられそうな勢いでかぶりつき!野生の目でした…(汗)「がいにうまい!全部食ってしまうよ」と宣言しての完食でした(笑)」(水木プロダクションTwitter より引用)

・若々しい
投稿された画像を見ると、たしかに野性味あふれる表情で、一心不乱にハンバーガーに食らいついている。その姿はとても92歳という年齢を感じさせない。実年齢よりもはるかに若々しい印象を受ける。

・とんかつマックバーガーを賞賛
ちなみに水木先生がいう「がいにうまい!」とは、鳥取県の方言で『とても』も『すごく』という意味である。したがって、「とてもおいしい!」と、とんかつマックバーガーを評されているようだ。その証に完食している。

ちなみに水木先生の元気な姿に、Twitter ユーザーは安堵しているようである。これからも元気で、素晴らしい作品を世に送り出して頂きたい。それにしても見事な食いっぷりだ。

参照元:Twitter @mizukipro
執筆:佐藤英典
関連ツイートはこちら

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング