小学生と園児の娘を守るため少年6人を注意した三重県鈴鹿市議を傷害容疑で書類送検 / ネットの声「これはかわいそう」「市議気の毒」

ロケットニュース24 / 2014年12月11日 11時49分

小学生と園児の娘を守るため少年6人を注意した三重県鈴鹿市議を傷害容疑で書類送検 / ネットの声「これはかわいそう」「市議気の毒」

三重県警鈴鹿署は2014年12月10日、鈴鹿市の南条雄士市議会議員を傷害容疑で書類送検したことを発表した。「とび職の少年が乗っていたオートバイを蹴って転倒させ、全治2週間のけがをさせた」とのことである。

当時の状況としては、「事件が起きた河川敷で南条市議は娘2人(小学生と幼稚園児)と遊んでいた → とび職の少年らが車両通行禁止区域でオートバイの練習をし始めたので注意した → 少年が腹を立てオートバイで向かって来た」という感じだったらしい。

その後、市議と2人の娘は車に逃げ込んだが、少年は6人の仲間とともにドアを蹴るなどし破壊。そして少年たちもまた、暴力行為等処罰法違反容疑で書類送検されていることを、朝日新聞が報じている。

・市議を擁護する声
この報道を見たインターネットユーザーたちからは、「なぜ市議が書類送検されなければいけないんだ」などと、市議を擁護する声が多く上がっている。詳しい内容は以下のとおりだ。

「これで逮捕とか流石に酷すぎやしないか・・・ぶっちゃけ自分の子供に害なす奴は何されても文句言えないわ!!!!」
「これは市議を書類送検するのはおかしな事例。」
「100%少年達が悪い。口頭注意されて、注意した相手に集団で襲いかかるって、悪の程度がわかる。」
「これは正当防衛じゃないのか…」
「オートバイで向かってきた?轢こうとしたのかな?なら蹴ってもいいんじゃね」
「オートバイで向かってくるとか殺意認定できるだろう。そしたらバイク蹴って転倒させるのは緊急回避or正当防衛では? 」
「いけないことを注意して逆ギレされたから自己防衛したのに逮捕って( ゚Д゚)ハァ?」
「これはかわいそう… いいオヤジじゃないか」
「市議は無罪で良いでしょ。違法行為した挙句、暴力行為を行った少年が原因であり書類送検でなく刑務所に入れるべき。」
「これ、相手が悪いだけじゃね」
「そんなぁ(´;ω;`)」
(Twitterより引用)

……と、ほとんどが南条市議を擁護するコメントとなっていた。車が通るはずがない車両通行禁止区域で、なおかつ近くでいきなりオートバイの練習をされたら事故に繋がる可能性がある。

小さな娘たちを遊ばせていた父親としては、“やってはいけないことをしていた少年たち” を注意するのは、子供を守るために当然のことだといえるだろう。

市議が注意する際にオートバイを蹴って少年を怪我させたのか、注意したあとオートバイで向かってきた少年を回避する際に足が当たったのかは定かではないが、小さな子供が乗った車を大勢で破壊した少年たちの行動は許されるものではない。

今後、南条市議と少年たちに対し、検察官が正しい判断をしてくれればいいのだが……。

参考リンク:朝日新聞Twitter
執筆:なかの
イラスト: マミヤ狂四郎
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング