【動画あり】バターが買えないので自作してみた / 手で振る作り方もいいけど日本最強の電動マッサージ機『スライヴ』を使えばキレイにバターができる!!

ロケットニュース24 / 2014年12月22日 11時30分

【動画あり】バターが買えないので自作してみた / 手で振る作り方もいいけど日本最強の電動マッサージ機『スライヴ』を使えばキレイにバターができる!!

バターがない! バターがない!! スーパーにもどこにもない。こんなの絶対おかしいだろ!? ……とは言うものの、無いものは無いので、どうしようも無い。だったら自分で作ればいいじゃない。……でも、どうやって?

そんなの簡単だ。生クリーム、ペットボトル、そして…… “様々な用途がある” ことで世界中の人々に知られている最強の電動マッサージ機『スライヴ』があれば、座っているだけでバターが完成するのである。

・基本のバターの作り方
基本の手作りバターの作り方はこうだ。まず、植物脂が入っていない高乳脂肪の生クリームを準備する。乳脂肪分35%以上のもので出来るようだが、タカナシ乳業によると、42%以上のモノ推奨とのこと。

その生クリームを、密閉容器に入れて力いっぱい5分~20分ほどフリフリ振ると、水分が分離する。残った固形物がバターというわけだ。

・でも、もっと効率的にできるんだよ? そう『スライヴ』があればね
でも、手で5分も10分も20分も振り続けるのって結構大変……。しかぁし! 日本が世界に誇る電化製品を使えばもっと効率的にバターができちゃうのだ。そう、『スライヴ』こと大東電機工業株式会社の「ハンディーマッサージャーMD-01」があればね!

・マジでパない
早速、生クリーム入りのペットボトルをスライヴに取り付け、スイッチをON! すると……パない、マジでパない。スライヴ、マジでパねェっす!! ヴヴヴィィィィィンと、どんどんトロミがついて、黄色い固形物が湧き出てくる。動かし続けること15分ちょっとだろうか、最終的には大きなバターの塊がポコっと取れちゃったぞ! 100mlの乳脂肪47%生クリームから58.3グラムのバターを作ることに成功した。

もちろん、手でフリフリしても出来るわけだが、疲れるし、同時にほかのことができない。でも、スライヴならテレビを見ながら、読書をしながらバターが作れちゃうってワケだ。

・自作バターを食べてみた → もうマーガリンには戻れない
そして、出来上がったバターはホイップクリームのようにフ~ンワリフワフワ! 市販のものより水分が多いが、塗りやすくってそれがイイ。そしてお味も……ンマイ!! 市販のものよりなめらかで、ミルク感が強くてクリーミー。クラッカーにつけて食べると非ッ常に美味だった! こんな簡単に手作りバターが作れてしまうなんて……これは、もうマーガリンには戻れないぞ!!!!

・残った「バターミルク」もウマイ!!!!
ちなみに、分離した水分は「バターミルク」というもので、栄養たっぷりだそう。味は、ややライトな牛乳というところ。脂肪分が分離した液体なので、脱脂粉乳みたいな味なのかなぁと思いきや、シッカリ牛乳の味がして美味しい! これ、絶対に捨てちゃダメだからね!!

・マッサージ……だけじゃない『スライヴ』
かくして、『スライヴ』を使えば、生クリームからバターを作れることが判明した。『スライヴ』には、マッサージ以外の用途があると聞いてはいたが、キッチン家電としての顔を持つなんて、いったい誰が想像しただろうか?

なお、筆者(沢井)は初スライヴだったので、若干戸惑ってしまったが、日常的にスライヴを愛用しているスライヴァーなら、もっと手早くバターを作れるハズ。そう確信している。

参考リンク:タカナシ牛乳
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング