「早く飛行機から降りたいがために」乗客がとった驚きの行動にア然!! “ヤっちゃいけないとは知らなかった!” と本人は主張

ロケットニュース24 / 2015年1月8日 8時0分

「早く飛行機から降りたいがために」乗客がとった驚きの行動にア然!! “ヤっちゃいけないとは知らなかった!” と本人は主張

先月、ワガママな中国人の乗客に、エアアジア航空のCAが熱湯をぶっかけられたニュースをお伝えしたが、はたまた中国人の航空旅客が問題を起こしたというのだ。

なんと早く飛行機から降りたいがために、常識では考えられないような行動を取ってしまったのである! しかも、“ヤっちゃいけないとは知らなかった” と主張するこの乗客は、一体何をやらかしてしまったのだろうか!? 

・早く飛行機を降りたくて急いでいた乗客
騒動を起こしてしまったのは、中国東方航空の国内便で、西安市から海南省の三亜鳳凰(さんあほうおう)国際空港へ飛んだ男性の乗客だ。同フライトは2時間遅れていたため、この男性はかなり急いでいた。

・非常ドアを開けて脱出用スライドを広げてしまった!!
そして、飛行機が空港に到着して乗務員が上陸準備で忙しくしている時、何かが膨らむような音が聞こえたという。早く飛行機から降りたくて焦っていた乗客男性が、信じられないことに非常ドアを開けようとしていたのである! 慌ててCAが止めようとしたが間に合わず、思いっきり脱出用スライドが開いてしまったのだった。

・ドアが非常用とは知らなかった!
しかも驚くのはこれだけではない。当局の取り調べで、“なぜ非常ドアを開けたのか?”と問われた男性は、CAの安全に関する注意を聞いておらず、ドアが非常用だと知らなかったと主張。彼の非常識な行動で、帰航便は脱出用スライドの交換作業のため約2時間遅れ、交換費用に10万元(約200万円)もの費用がかかったとのこと。

・「新鮮な空気を吸いたい」と非常ドアを開けてしまった人も!
さらに、ア然としてしまうようなことをやってのけた乗客は彼だけではない。中国の杭州市から成都へ飛ぶ国内便に乗った乗客が、「新鮮な空気を吸いたい」との理由から、勝手に非常ドアを開けてしまう騒動も起こっている。

飛行機が離陸する前だったので事故には至らなかったものの、常識外れもいいところである。幸いどちらの件でも、怪我人は出ていないと報じられている。

近頃、中国人航空旅客のマナーの悪さや常識外れな行動が、相次いで報道されている。これから先、大事故につがながるような騒動が飛行機内で起きないことを願うばかりだ。

参照元:YouTubeMashablethe sunday timesshanghaiist(英語)
執筆:Nekolas
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング