『アメ横』VS『スーパー』VS『築地』VS『魚市場』安くて美味しいマグロを買うならドコがいいのか調査 / アメ横の極上大トロに変な物が付いていた

ロケットニュース24 / 2015年1月8日 11時30分

『アメ横』VS『スーパー』VS『築地』VS『魚市場』安くて美味しいマグロを買うならドコがいいのか調査 / アメ横の極上大トロに変な物が付いていた

お寿司にしても良し、そのままお刺身で食べても良し。日本人にとってなじみ深い魚のひとつといえば『マグロ』である。食料品店ならどこでも置いてあるが、果たして美味しいマグロを買うならどこで買うのが一番良いのだろうか?

そんな疑問を解決するべく、年末に客でにぎわう『アメ横』、いつもの『スーパー』、日本の台所『築地場外市場』、一般でも小売りしてくれる卸売市場『松戸南部市場』、以上4つでマグロを購入し調査。それぞれの評価は以下のとおりだ!

・松戸南部市場のマグロ(青森県産)を評価
それぞれでマグロを購入。記者(私)がいつもお世話になっている寿司店へ行き、大将に一つずつ評価をしてもらうことに。まずは松戸南部市場で買った、1kgあたり8500円の、青森県竜飛産のマグロを見てもらう。

大将「コレはきっと60kgぐらい、小さ目の生の本マグロですね。年末に上がったものだと思いますが、多少身がヤケていますが保存の状態が良いので美味しいはずです。脂のキメが細かくて良いですね。これがキロ8500円ならお買い得だと思います。」

試食してみたところ、非常にあっさりとしているものの、しっかりとした旨味があって美味しかった。皮が付いているため、やや切るのは難しいかもしれないが、赤身とトロの部分が付いているため味の違いも楽しめた。

・スーパーのマグロ(スペイン産)を評価
次はイトーヨーカドーで買った、解凍の本マグロ赤身を評価。こちらは100gで980円と、市場で買ったものより値が張るが……。

大将「こちらもやや小さ目のマグロだと思います。冷凍なので身の弾力はありませんが、ご家庭で食べるぐらいなら十分美味しいと思いますよ。ただ、ちょっと高めですね」

こちらも試食した評価は、松戸市場のマグロよりも赤身部分に脂が乗っており、旨味十分で美味しく感じた。弾力や生マグロ特有の心地よい酸味は無いものの、十分にウマい。

・築地場外市場のマグロ(スペイン産)を評価
次は築地場外市場の、有名寿司店「すしざんまい」が経営するマグロ店で購入した、生のスペイン産本マグロを評価。100グラム800円とスーパーのマグロより安いが、気になる味はどうだろうか?

大将「こちらは前の2つと比べ、大型のマグロだと思います。身に弾力もありますので、美味しいはずです。値段も一般的なので良いと思いますよ」

試食した結果は、大将の言ったとおり、スーパーのマグロの美味しさに生マグロの香りと弾力がプラスされ非常に美味。場外市場なので観光客価格だと思いきや、スーパーより安くて美味しいマグロが手に入った。

・アメ横のマグロ(謎)を評価……する前に
次はアメ横のマグロを評価しようと思うのだが、その前に報告しておきたいことがある。なぜか購入した時点で、“嫌な予感” が正直していたのだ。その理由をまず説明しよう。

その1.刺身用のわさびが付いているのに、なぜか執拗に「ステーキにするとウマいよ!」と店員が言ってくる
その2.値段が『水性マジック』で書いてある
その3.冷凍マグロをダイレクトに外に置き、買っても保冷剤を付けない
その4.5000円の極上大トロが、値引きを頼んでいないのに勝手に1000円になった
その5.横の巨大なマグロの塊を一緒に売りつけられそうになり、断ると急激に店員の機嫌が悪くなる

──と、普通の店ではありえないような出来事が、3分ぐらいのうちに波のように起きたのである。なぜ刺身用なのにステーキを勧めるのか? 悪くなっているんじゃないの? と思ってしまった。

また、値段も普通は消えないように油性のマジックで書くか、きちんとシールが貼ってあるのが普通なハズ。でも、速攻で消せるようにか、水性のマジックで書いてあるのはどうなんだろう……。

そして、冷凍なのに外に放っておいた状態で販売しているため保存状態は最悪。しかもちょっとマグロを見ているだけで、5000円のマグロが1000円(笑)になってしまった。値引き率がハンパじゃない。

さらに横に置いてあった巨大なマグロも「セットで3000円」と言われたが、食べきれるワケがないので断ると、店員の機嫌が急激に悪化。嫌な予感しかしなかったので、マグロを1000円で買って早々に立ち去った。

・アメ横のマグロ(謎)を評価
評価してもらう前からヤバいモノだということは、なんとなく気づいていたが、元値が5000円なので0.000001%ぐらい期待しつつ大将に見てもらうとッ! なんか茶色いウンコみたいな気持ち悪いのが付いてる!! ナンヤコレ!!!

大将「コレはマグロの赤ちゃん(メジマグロ)の、内臓の真横の部分の身ですね。トロの部分は全部除去されてます(笑)。また、腹の部分に付いていた茶色のものは血ですね。血を取らずに冷凍していたのでこうなったのでしょう。築地だと値が付かないですが、煮込んで香辛料をたくさん入れた料理にすれば食べられますよ」

なんだかどう見てもアレなマグロに対しても温かいコメントをくれた大将の優しさに感動し、家に帰って解凍して煮込み料理に使おうと思ったが、溶けた瞬間に尋常じゃない生臭さを発してきたので、もったいないと思いつつゴミ箱へ捨てることにした(涙)。

・結果
結果としては、コスパ的に見ると松戸南部市場が一番。次点で築地場外市場、スーパーの順だった。店によるのかもしれないがアメ横はとても生で食べられる物ではなかったし、極上大トロではなかったのでまったくおススメはできない。

意外に築地のコスパがなかなか良かったので、観光客でも比較的安く良いマグロが購入できると思う。安くて美味しいマグロを食べたい人は、一般も買える卸売市場か築地を歩き回って探してみるのも楽しいかもしれないぞ。

Report:なかの
Photo:Rocketnews24.
画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング