1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 音楽

sunking シアトル実験デュオが語るヒップホップ、ジャズ、エレクトロを跨ぐ音楽人生

Rolling Stone Japan / 2023年11月9日 17時45分

Photo by Will Matsuda

シアトル出身のエクスペリメンタル・ユニット、サンキング(sunking)が来日。10月中旬から下旬に掛けて、朝霧JAMに初出演を果たし、都内5箇所でライブを行った。インスト曲が基本だが、今回はホーン奏者も一緒に来日。必死の形相で叩きまくるドラム担当のボビー・グランフェルト(Bobby Granfelt)と、ケーブルを繋ぎまくったアナログシンセをひょうひょうと鳴らすアントワン・マーテル(Antoine Martel)の2人に、滞在先の阿佐ヶ谷で対面した。


ー日本のツアーは3度目だそうですね。

アントワン:うん、1度目は”デンタルの唾”というバンドで来日。日本語で歌っていたから、そりゃ日本に行くのが当然だよなってことで。2度目もそのバンドで来日予定だったけど、直前にボーカルがハーバード大学博士号をゲットしたものだからバンドを辞めちゃって。でも航空券もあったし、ライブもブッキングされていたから「じゃあ行くか」ってことでサンキングとして来日したんだ。

ボビー:その時は、確か全国8箇所ほどやったのかな。大阪や京都にも行ったし。でも台風のせいで名古屋はキャンセルになったけど。


ボビー・グランフェルト、朝霧JAMでのライブ写真(Photo by Taio Konishi)


アントワン・マーテル、朝霧JAMでのライブ写真(Photo by Taio Konishi)

ー今回は朝霧JAMに初出演。アメリカのフェスとは違いましたか?

ボビー:とにかく驚いたし、最高だった。働いている人たちが、みんな凄く親切で、プロフェッショナルだった。アメリカのフェスより全然ちゃんと機能していた。

アントワン:日本に来てから僕たちはずっと感心しっ放しなんだ。「機能的な社会がちゃんと機能している。全てが機能している世界だ」ってね。素晴らしいことだよ。

ーアメリカのフェスも最近は次第に良くなってきたのでは?

ボビー:いや〜アメリカは変わらないよ。カオスのまんま(笑)。全てが遅れがちだし、何も前へと進まない。フェスで働いてる人たちってボランティアが多いんだよね。

アントワン:何をすべきか把握してなくて、グダグダになってしまう。

ボビー:それに比べて日本のフェスは、人がちゃんとしているし、サウンドも完璧。

アントワン:家族連れがいたり、防音の耳当てをした幼い子どもたちが楽しんでたのも、見てていいなって。アメリカのフェスではあまり見かけない光景だったよ。

ー先週末(10月21日)の東高円寺UFO CLUBでのライブも観せてもらったんですが……。

ボビー:あそこでやるのは、これで3度目かな。もう僕たちのホームベースみたいなもんだよ。

アントワン:あそこは音もいいし、他のクラブもそうだけど、日本のステージに立って演奏させてもらえることをすごく有り難く思っている。感謝しているよ。

この投稿をInstagramで見る sunking(@sunkingexperiment)がシェアした投稿

ー今回、初めて取材させてもらうにあたって、訊きたいことが山ほどあるのですが、まずは音楽に目覚めたきっかけや、結成の経緯から教えてもらえますか。

アントワン:うん、一緒にロックバンドを始めたのは、確か15とか16歳だったかな。

ー当時憧れていたロックバンドや目標にしているアーティストはいましたか?

ボビー:うーん、2人とも全然違う音楽を聴いてたから、別々に話した方がいいんじゃないかな。

アントワン:そうだね。僕はクラシックピアノを始めたのが5歳くらいで、全然好きじゃなかった。とにかく大学に入るまでは続けたけど、その後ギターにハマってしまった。でも、”デンタルの唾”を結成したら、僕より全然上手いギタリストがいたから僕はキーボードをやることに(笑)。大学ではルームメートが全員ジャズミュージシャンだったから、ジャズも学んだ感じだけど、他の奴らは本当の凄腕ジャズマンだったのに対して、僕は大したことなくて……(笑)。

ボビー:僕は、ヒップホップをいっぱい聴いて育ったよ。両親が全然音楽を聴かなかったから、何でも好きなものを自分で選んで聴いていた。ヒップホップ、パンクロック、スケーター系、グリーン・デイやブリンク182など。ドラムに初めて触ったのは、従兄弟の家で、すぐ虜になったんだ。13歳の誕生日にドラムセットを買ってもらって、レッスンを始めて、その頃からバンドを組みたいと思っていた。自分には、それしかないってね。友達とバンドを組んで、18〜19歳ぐらいでもうツアーに出ていたよ。全部自分たちでブッキングして、電話して、メールして西海岸中を車で回った。その頃のバンドはポストパンク系かな、ギターが3人いて大迫力だった。その後、大学でジャズにも興味を持ってからは、最初はビーツ・プロジェクトって呼んでいたかな、サンキングと命名する前は。ジャジーなヒップホップとかやっていた。

ーサンキング(sunking)という名の由来は?

ボビー:ビートルズの曲「Sun King」じゃなかったっけ? ずっと住んでた古い家の前を車で通った時、すごく晴れてる日だったんだけど、ちょうどこの曲が流れてきて「この曲って何? すごくいいな。バンド名に良くない?」って感じで決めたんじゃなかったかな。

アントワン:僕の記憶とは、ちょっと違うけど、まあいっか(笑)。



ー音楽的な方向性に関しては、どんな話をしていましたか?

ボビー:個人的には、とにかくドラムをムチャクチャ叩きたかったんだ(笑)。フライング・ロータスの『Youre Dead!』やディアントニ・パークス参加の『Flamagra』みたいなクレイジーなドラムをね。そういうのをやってたらアントワンが「もっとこういうのやろうよ」とか言って、そういうビートのトラックを50曲ほど作ったんだ。それが1stと2ndアルバムになった。だから、ほとんど話し合いとかはしなかったし、それに3つのバンドを同時にやっていたから、アウトレットは他にもあったんだよね。2人でやると自然とこうなるという感じかな。

アントワン:ハイ・パルプ(High Pulp)というバンドもやってて、そっちは大人数だから、何をやるにも大ごとで大変なんだ。でもサンキングは2人だから、会話しながら普通にできてしまう。



ー現在も両方の活動を並行しているわけですよね。

ボビー:9月中はハイ・パルプとしてずっとUSツアーをやってたし、その後日本に来たけど、また次の土曜にあっちに戻ったら、翌日にはハイ・パルプのライブがあるよ。

ー先ほどの話だと、サンキングの2枚のアルバムの楽曲は、同じ時期に作られていたということ?

アントワン:そうだよ、1枚目の『sunking』(2019年)の方は、アルバムとして上手くまとまりそうな曲を選んだ感じで、2枚目の『SMUG』(2022年)の方は、「もっとジャズっぽくホーンを入れてみよう」とか、そういう工夫もあったかな。でも「ワシントン州の政治についてのアルバムを作ろう」とか、そういうのではないよ。コンセプトらしいコンセプトはないんだ。

ボビー:とはいえ、まったくランダムというわけでもない。僕たちの曲って色合いやストーリーが同じではないけど、まとまりは重視している。特にこうした短いインスト曲って、曲順に注意を払うことが重要なんだ。何百ものビートを創造して、それらを繋ぎ合わせて上手くまとまった時、初めてゴールドが誕生するんだ。




ー全曲どれも短いですよね。そこに関しては、お互いの合意が?

アントワン:今後は変わりそうだけどね。でも最初の2枚のアルバムに関しては、ブッチャー・ブラウンのアルバム『Grown Folks』の影響を受けているからなんだ。収録曲が全部2分ほどで、ビートと生楽器のライブ演奏とが掛け合わされている。そのアルバムから大いにインスパイアを受けている。あと大所帯バンドとの対極っていうか、ハイ・パルプの方は8〜9分というのが普通にあるから、逆に短い曲って新鮮というか。

ボビー:マッドリブとも共通していると思うんだ。2人があまり同じ音楽を聴かないから、いろんな要素が入っているところもマッドリブに繋がるというか。マッドリブからは大きな影響を受けている。音楽的にも、アプローチ的にも。

アントワン:僕はボビーを通して、彼について学んだ感じかな。

GrownFolk Butcher Brown

ー昔の曲を再編成して2ndアルバム『SMUG』を作ろうということになった経緯というのは?

ボビー:大半の曲は2016年頃に録音されて、そのまま放置されていたんだ。2019年の1stがけっこう好評だったから、プレスの受けも良くて、YouTubeやBandcampには嬉しいコメントをいっぱい貰って、喜んではいたんだよ。でも、ハイ・パルプの方に本腰を入れてたから、サンキングは後回しというか放置状態になっていた。でも、そのうちコロナになって動きが取れなくなっていた時期に、Antiレコードから契約したいという話が舞い込んできて。「あと未発表の楽曲が半分あるよ」って話をしたら、リリースしようってことになったんだ。付け加えたり、録音しなおした部分もあるけれど、作ってからほぼ5年経っている。ドラムなんて23歳くらいの時に叩いたやつのままなんだ。しかもマイク2本だけで録ってたり(笑)。

アントワン:その間に僕たちも成長したから、5年前の曲を出すのって面白くもあるんだよね。でも今回のツアーでは、3曲ぐらいしか既発曲は演奏してなくて、あとの9曲は新曲なんだ。僕たちの現時点ということだよね。

ーAntiが興味を持ってくれたのは、前作を聴いて、ライブを観てってことですか?

ボビー:ライブはやってなかったけどね(笑)。当時のマネージャーがハイ・パルプとサンキングの両方を掛け持ちしてたから、Antiの人たちにハイ・パルプのついでにサンキングの話もしたら、両方と契約したいってことになって。すごくラッキー。幸運だったよ。

ーAntiは具体的にはどういった役割を担ってくれていますか?

ボビー:今こうして日本にいるのも彼らのおかげだし、Silent Trade(日本側のエージェンシー)とAntiはすごく密に連絡を取り合って仕事をしてくれている。全世界にアルバムを流通させてくれるし、独自のPRチームを持っていたり、経理関係も請け負ってくれる。僕たちのようなニッチなジャンルのバンドにとっては、彼らのもってる知識や情報がすごく助けになるんだ。それに、みんないい人たちだし。



ー次のアルバムの予定は?

アントワン:さっき話した、ライブでやってる新曲全てをニューアルバムに収録する予定。僕たちの向かっている方向性と言えるかな。『SMUG』にはホーンも入っていたけど、新作は、去年ずっと2人だけで引き篭もって制作した。

ボビー:もちろん昔の曲も好きだし、新曲には『SMUG』から引き継いだ要素もあると思うんだ。でもホーンはほとんど入っていなくて、よりエレクトロニック・ミュージック寄り。ビート主導のサウンドになっている。ジャズとは正反対。一般的にはダンス寄りっていうのかな。みんなを踊らせるタイプの音楽だね。

サンキングの音楽を支える自由と好奇心

ー普段訊かれたら、自分たちのサウンドを言葉でどう説明していますか?

ボビー:『SMUG』と新作とでは全然違っているし、難しいよね。あえて言うならインストゥルメンタル・ミュージックかな(笑)。

アントワン:僕はできるだけその質問を避けてるよ(笑)。

ーリスナーとしては、シンプルでわかりやすさが特長のインストという印象です。演奏者にとっては分かりませんが、あまり複雑ではなく、間口が広いというか。

ボビー:だよね、知的じゃなくていいと思うんだ。ジャズを知っていなければ楽しめないとか、そういうのって違うと思うんだ。個人的には、歳を取るほどこういう話をよくしてる気がするんだけど、知性に訴える音楽に、どんどん興味がなくなっている。感情に訴えたいんだ。ミュージシャンであっても、なくても、誰もが楽しめる、感情に訴える音楽を作りたいんだ。

ーとはいえ、長年やっていると複雑なテクニックに挑戦したいとか、演奏者としての楽しみに走りがちじゃないですか?

ボビー:そういう時期はもう卒業したかな(笑)。

アントワン:確かにボビーはそういう時期があったよね。僕はクラシックのバックグラウンドから逃げ出したかったから、最初からずっと避けてきた(笑)。

ボビー:本当の意味での楽器演奏者じゃないってことかもね。ただ僕は自分の聴きたい音楽を作りたいというだけ。僕が聴いてるヒップホップは4小節のループだし、ジャズなら60年代のやつ。ソウルフルなやつがいい。



ーアメリカのプレスには、異端のジャズユニットと紹介されていたりしますよね。

ボビー:そもそもジャズバンドじゃないし(笑)。

アントワン:言いたいことは分かるけど、サンキングはジャズじゃないよね。『SMUG』を聴けば明白だと思うな。

ボビー:個人的にはビートアルバムだと思うな。イマニュエル・ウィルキンスやジャズバンドより、マッドリブに近いと思うんだ。

アントワン:でもジャンルで括るのが彼らの仕事なんだろうね。僕の経験から言わせてもらうと、2本のサックスとメジャー9のコードが聴こえたら、大抵ジャズにされてしまう。だから僕たちは逆の方向に行きたいのかも。「僕たちは違うんだぞ」って言いたいのかもね(笑)。

ボビー:ジャズバンドのオープニングでツアーを組まれたこともあったよ。

アントワン:ああ、あのスウィングジャズとのツアーね。あれは意味不明だった(笑)。

ボビー:僕らも言われるがままに受け入れてきたからね。「君たちジャズマンだよね」って言われて「そうだよ」って答えてたし。今はもう少しちゃんと自分たちでコントロールしようと思っている。

アントワン:ジャズバンドよりもサイケデリック系のロックバンドのオープニングのほうが相応しい気がするな。エキサイティングだし。

ボビー:もしくはエレクトロニック・ハウス・ミュージックとか、ダンス・ミュージックとか。いわゆる伝統的なジャズバンドからは、最も遠いところにいるのが僕たちじゃないかな。おかしいよね。現代ジャズはすごく規律正しくて知的な音楽だけど、僕たちは違っている。

ー古いジャズには共感できると?

ボビー:僕はそうだね。ウェイン・シューター、初期マイルス・デイヴィスのセカンド・クインテット、セロニアス・モンク、ビル・エヴァンスとか、そういったやつ。

ー朝霧JAMで来日していたカッサ・オーバーオールとも仲がいいようですが、友達なのですか?

ボビー:カッサね、いい友達だよ、同郷シアトルの出身だし、8月にはフェスで一緒に共演したよ。

アントワン:2019年にもシアトルのフェスで共演した。3曲ほど。あの時も日本から帰ってきたばかりで、僕たちが彼のラップのバックバンドを務めたんだ。

ボビー:でもスレ違ってばかりで、なかなか会えないんだよね。彼が朝霧に出演した土曜は、僕たちUFOでライブだったし。カッサのバンドメンバーも、他のバンドの時から知っていたりして、いい仲間だよ。カッサがやりたい音楽をやってるのは、すごく嬉しいな。


Photo by Will Matsuda

ー音楽が自己表現手段だとすれば、サンキングのサウンドの要は何だと思いますか?

ボビー:好奇心だと思うな。それが僕たち2人を結びつけている。

アントワン:うん、個人的には、サウンドのテクスチャーが大好きで、とても興味を持っている。だからモジュラーを試してみたり、ギターを弾いても速弾きのソロとかじゃなくて、違った形で貢献したいんだ。

ボビー:ジョニー・グリーンウッドみたいにね。

アントワン:そう、彼は最大のインスピレーションなんだ。僕も映画音楽が大好きで、映画のスコアを作るのも大好きだから。

ボビー:サンキングを2人でやっていない時、彼はアンビエントミュージックや映画のスコアを作っている。僕はヒップホップやハウスミュージックを作ってる。

アントワン:で、一緒になった時、ダンスっぽいテクスチャーとエレクトロニックなビートが合わさり、こうなるんだ。

ーサブカル的なバックラウンドや影響も受けていたりしますか?

ボビー:もちろん。特に僕はそうだね。僕たちが育ったシアトル界隈には、DIY精神が溢れていたから。トラブルメーカーなところも少しあったから、僕はDIYに共感したと思うんだ。グリーン・デイやブリンク182、ヒップホップなどに夢中になったのもDIYと関係あるよね。シアトルでバンドをやってたら、自然と影響を受けるんだ。本気でバンド活動をやりたい18歳なら、車に楽器を積んで西海岸を回る。3週間ぐらい掛けて、知ってる会場、レコード店、地下室、コーヒーショップ、どこでも演奏して回るんだ。レーベルが声を掛けてくれるのを待ってたりしないね。みんなが自分で行動を起こしていた。僕たちの知り合い、バンド仲間は、みんなそうやってツアーをやって演奏していたよ。欲しければ、自分でゲットする、というのがモットーだね。レーベルや事務所はあとから付いてくる。そういうサブカル的な精神は、ビジネスなんて糞食らえという姿勢でもあったよ。いわゆるカウンターカルチャーだよね。シアトルからはニルヴァーナなども出てきたし、そういう地盤があったから。

ー有名になってビジネス的にも成功したいと努力をする一方で、でも、それを避けていたりも?

ボビー:世界には80億人もいるから、自分のやりたいようにやればいい。成功したければそれでいいし、でも僕たち2人は、そういうのを目指してはないんだよね。エド・シーランになりたいとは思っていないんだ。

アントワン:僕は一生誰にも気づかれずに、コーヒーを買いに行けるくらいがちょうどいい。その一方で、自分のやりたい音楽を作ることができて、生計を立てられるならそれが理想だね。

ボビー:だから僕たちはマッドリブを尊敬しているんだ。ジョニー・グリーンウッドからも大きな影響を受けている。でも彼がコーヒーショップにいても、多くの人は気づかないと思うんだ。あと自分で何かを始めるってことが大切なんだ。名声やお金を追っても何も起こらない。自分が信じることをやって、それでムーブメントを起こすことが大切なんだ。

fox capture plan、さらさへの共感、日本との関係

ー音楽以外には、何か興味をもっていることはありますか?

アントワン:僕はいつか映画を撮りたいな。時間は掛かるかもしれないけれど、いつかきっと成し遂げたいと思っている。でも幾つになってもできそうだし、45でも、55歳になっても。ミュージックビデオなどの短編は、今もこっそり作ってはいるんだ。趣味って感じで。でもキャリアとか仕事っていう感じではなくて。そのうち生きてる間に、一度はちゃんとした映画を監督したいんだ。

ボビー:僕は音楽だけ(笑)。ビデオゲームやスポーツなどにも興味はあるけど。大学時代は野球をやってたし、スポーツは得意だけど、今現在は音楽だけにのめり込んでる感じだね。夢中になると、それだけに熱中する性格なんだ。

アントワン:来日中もボビーはずっとホテルに篭ってるよ。音楽をずっと作ってる。

ー日本での体験に刺激を受けて?

アントワン:外を歩いただけでも刺激を受けるよね。全てが違っているし、街中のあちこちから聴こえてくるジングルが全部違ってる。日本って美しいジングルがいっぱい鳴ってるよね。

ボビー:だけど僕が篭って音楽を作ってるのは、日本にいるからじゃなくて、どこに行ってもそうなんだ。シアトルでもLAでもニューヨークでもロンドンでも、どこに行っても曲を作ってる(笑)。


Photo by Will Matsuda

ー今回のツアーではfox capture planとのダブルヘッドライナーの日などもありました。日本のバンドの印象というのは?

ボビー:うん、fox capture planはイカしてた。

アントワン:最高だったよ。僕の知る限り日本の音楽は、とても素晴らしいと思う。まだ3回目の日本なので、それほど数は知らないけれど、すごく多様なタイプのバンドがいることに驚かされるし、オーディエンスも新しい体験を求めている。凄くインスパイアされるよ。僕たちが一緒に演奏したバンドは、そんなに知られてないかもしれないけど、大好きなのが、たとえば京都の”ばけばけばー”というバンド。2度一緒にステージに立ったけど、世界中で一番というほど好きだね。日本の音楽シーンは他に類を見ないと思うんだ。

ボビー:昨日も”さらさ”や日本のバンドに会えて良かったし、彼女とは話もできて、彼女に曲を送ろうと思っているんだ。そのうち共演曲ができるかも。日本のことが大好きだから、そういう交流を大切にしていきたいんだ。日本とアメリカの両方に僕たちは友人がいて、日本でももっと時間を過ごして、他のバンドと会ったり、コラボしたいと思っているんだ。

SUNKING x fox capture plan
Double Headliner Show in Tokyo

高次元のクリエイティブミュージックで織り成された3on3。
両バンドに感謝と拍手#sunking#foxcaptureplan#indie_asia pic.twitter.com/gpFYE9Dht9 — INDIE ASIA (@indie_asia) October 20, 2023

ーそもそも日本語のバンドもやってましたしね。

アントワン:”デンタルの唾”ね。もうちょっとちゃんと説明すると、メンバー全員が白人だったんだけど、シンガーのジェレミーが日本語で歌ってたんだ。彼の両親はかつて日本に住んでいたり、父親が『スーパーマリオRPG』や『ファイナルファンタジー』などのゲームソフトの英訳を手掛けた人で、だからジェレミーも日本語が話せたんだ。彼も日本に数年住んでいたし、バンドを結成したのは、彼が1970年代のシモンズ(日本のフォークデュオ)や1920年頃の「ゴンドラの唄」にハマったのがきっかけだった。日本語のカバーバンドとして始めたんだ。僕はカシオのキーボードを弾いたり、ドラムマシンを弄ったり。それをボビーに聴かせたら彼も気に入って、そのうち日本に行くことになって大喜び。それまでにやってきた中で、一番面白いプロジェクトだと思ったよ。日本のライブも大ウケで、3回アンコールをやった夜もあった。でもレパートリーがなくて、「悲しくてやりきれない」を3回やったり(笑)。

ボビー:来日したのが2018年だったよね。今またジェレミーは日本に住んでいて、ベースのダンは神戸大学に通って、日本人女性と婚約したよ。何やかんやと日本と関係しているんだ。

アントワン:僕も日本語の授業を取っていた(笑)。

ボビー:僕の父親は住友で働いてたよ(笑)。日本とは何だか心の繋がりを感じるんだよね。できれば毎年来たいな。



ー2人は今でもシアトルに住んでいるのですか?

ボビー:というか、どこにも住んでいない。ずっとツアーばかりやってて家賃も払ってないし(笑)。

アントワン:僕は一応、住所はシアトルだよ。

ボビー:1〜2週間オフが取れたら、僕はLAかシアトルに行くかな。

アントワン:僕は両親のいるブリティッシュコロンビア州(西海岸のカナダ北部)に行くかな。葡萄園などもあって、いいところ。

ボビー:でも実際には4月以降、ヨーロッパと日本に行って、アメリカツアーを4〜5回やって、この後、来月には南アフリカに行くから、猛スケジュールなんだ。

ー現在はとても充実しているようですが、今後もずっとそういう生活を続けられそうですか?

ボビー:そうだね、今はこれが一番理に適っているように思えるけど、そのうちもう少し落ち着けたらと思うな。でも、そのためにも今はしっかり仕事をやっておきたいんだ。とりあえず1カ月のうち3週間ツアーで家を空けるなら、その家賃はラーメンと寿司代に回したほうが賢明じゃないかな(笑)。

アントワン:このペースでずっと続けられるとは思わないけどね、もう1年半ほど休暇を取ってないから。そろそろゆっくり自分のベッドで寝たいと思うけど、同時にこんなに凄い生活ってないとも思うんだ。この1年半の間に、本当にいろんな経験をすることができた。何にも変え難いよ。

ボビー:この8日間は、同じホテルのベッドで寝ることができたから、ここ最近での最長記録じゃないかな(笑)。

アントワン:うん、4月以来の最長だね。

ボビー:もう我が家みたいな感じだよ(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください