不便さを楽しむアウトドアに「極厚ベッド」を持っていくチート感、良いと思います

roomie / 2019年4月20日 14時0分

写真

不便さを楽しむアウトドアに「極厚ベッド」を持っていくチート感、良いと思います

ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160



ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160


¥24,732 Amazonで見てみる






アウトドアでもぐっすり眠りたい……。

そんなワガママを叶えてくれるロゴスの新作アイテムが登場!

アウトドアなのにまるで家で寝ているかのように快適に寝ることができそうですよ。

厚さ9cmの極厚ベッド

[caption id="attachment_513773" align="alignnone" width="600"] LOGOS セルフインフレートベッド  25,704 円[/caption]

ロゴスの新作「セルフインフレートベッド」は厚さ9cmの極厚エアベッド!

やわらかな肌触りで、サイドのマチの部分がマットレスの形状を保持してくれるので安定して眠ることができそうです。



これはめちゃくちゃ快適そうだな〜。

不便さを楽しむアウトドアに、極厚のベッドを持っていくチート感……。

それもまた楽しいかもしれませんね。

空気入れもカンタン!



エアベッドなので空気を入れる必要がありますが、このベッドはバルブを回転させるだけで、自動的に空気を吸入できる「セルフインフレ―トシステム」を搭載しています。

空気を抜きたい時は、空気の逆流防止構造が採用されているため、バルブをひっくり返すだけでスムーズに空気の排出ができます。

面倒くさい空気入れの手間も少なくて済むのは嬉しい〜!



さらに、付属の収納袋はポンプの代わりになる特殊な構造になっており、空気入れとしても活用できるのだそう。

本体のふくらみが足りない場合は、収納袋とバルブを繋げて空気を送り込むことで、ベッドを好みの硬さに調節可能です。


ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160



ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160


¥24,732 Amazonで見てみる






圧縮すればコンパクトに



極厚にもかかわらず、圧縮すれば直径22cmほどの筒状のコンパクトサイズに!

収納袋に入れれば、保管や持ち運びに便利ですね。

アウトドアはもちろん、自宅の来客用ベッドとしても使えそう!

アウトドアを裏技で攻略するような極厚ベッド、わたしはアリだと思います。


ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160



ロゴス(LOGOS) セルフインフレートベッド 72884160


¥24,732 Amazonで見てみる





あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/511800/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/510604/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/501899/"]



LOGOS セルフインフレートベッド [PRTIMES]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング