コールマンのキャンプオーブンは、厚さたったの5cm…?持ち運びも収納もバッチリだね|アウトドアな家暮らし

roomie / 2019年6月13日 21時0分

写真

コールマンのキャンプオーブンは、厚さたったの5cm…?持ち運びも収納もバッチリだね|アウトドアな家暮らし

いつものレシピでも、野外で調理したごはんはおいしく感じるもの。

とはいえ屋外での調理はいろんな制限があって、家のようにはいかないですよね。

例えば、「オーブンが使えたらもっと料理の幅が増えるのに~」と思っている人、結構いるのでは……?

アウトドアにもってこいな折り畳みオーブン
コールマン キャンプ・オーブン 11,074円(税込)

コールマンのキャンプ・オーブンは、バーナーの火さえあればどこでも使えるオーブン。



驚くべきなのは、使わないときは折り畳めて厚さが5センチほどになるということ!



家の中では畳んでおけばコンパクトに収納することができ、アウトドアへの持運びも楽ちんです。


コールマン キャンピングオープンスモーカー 2000013343 スモーク対応



関連商品:コールマン キャンピングオープンスモーカー 2000013343 スモーク対応


¥5,580 Amazonで見てみる






どのように使うかというと……


組み立ては簡単で、前後の面を開き、金具を留めるだけ。



あとはコンロに本体を置き、付属の温度計を見ながら温度を調節すればオッケーです。

安全性を考えると、ツーバーナーストーブと一緒に使うのが良さそう。



本体には、網を入れる箇所が3カ所。

料理によって網の高さを変えたり、取り外したりできます。

アウトドアでの料理の幅が広がるな〜


わが家では今までキャンプをするときはオーブン代わりにダッチオーブンを使用していましたが、重くて持ち運びが大変なのが難点でした……。

だけどこのキャンプ・オーブンは、軽量でコンパクト。

火起こしする必要もないので、手軽にオーブン料理が楽しめます。



これさえあれば、野外でクッキーやマフィンを作ったり、チキンを丸ごと焼いたりもできますね。

さらには、燻製も簡単に作れちゃいますよ~。

ただし、安全のため直付けバーナーは使用できないので注意が必要です。

家でも活躍しますよ


さらには、家のコンロを使っても調理可能。

1人暮らしでオーブンを置くスペースがない人や、あまりオーブンを使わない人には、畳んで収納できるコレが活躍しそう。

本体はアルミスティールで、汚れも落ちやすく手入れも簡単です。



梅雨が明けると、本格的にキャンプシーズンがやってきます。

日帰りでピクニックをするときなどにもコレ1つ持って行けば、料理の幅がもっと広がりますよ~。

キャンプ・オーブン[コールマン]


Coleman 5010D700T Camp Oven



Coleman 5010D700T Camp Oven


¥11,074 Amazonで見てみる






あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/02/492161/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/03/492634/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/01/482205/"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング