ニトリの木製ローチェアは、アウトドアでも活躍する逸品だ… これで3,000円しないってどういうこと!? │マイ定番スタイル

roomie / 2019年6月27日 22時2分

写真

ニトリの木製ローチェアは、アウトドアでも活躍する逸品だ… これで3,000円しないってどういうこと!? │マイ定番スタイル

数年前からキャンパーの間で話題になっているニトリチェアこと、ニトリの木製ローチェア。

色によっては売り切れてしまう事もあるのですが、ちょうど欲しかった白の在庫があったので、迷わず購入!

使ってみると、人気の理由がよく分かりました。

リラックス出来る座り心地
ニトリ「木製ローチェア」2,990円(税込)

座面が低くて広く、背もたれもゆったりしているので、とても安心感があります。



背もたれのフレームは、背中に馴染むようにカーブを描いているので、背中に当りにくくて快適。

クッションを間に挟んであげると、より良い座り心地になるので、同じニトリのロングクッションとかオススメです。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チェア ベンチ ロースタイル ソロベンチ CSブラックラベル UC-1677



こちらもオススメ:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チェア ベンチ ロースタイル ソロベンチ CSブラックラベル UC-1677


¥4,655 Amazonで見てみる





安っぽくない見た目が嬉しい


フレームとアームレストにはアカシアの天然木が使われています。

太めの材木なので、どっしりとしていてなかなか侮れない存在感。



そしてこのアカシア製フレームにポリエステル100%の布地が張ってあります。

ポリエステルと聞くと安っぽく思えてしまうかもしれませんが、パッと見では麻のような質感で、安っぽくないのが嬉しい。

ポリエステルはアウトドアで使った時の汚れも落ちやすいので、むしろグッドポイントだと感じています。

価格はこれでいいのか…?


木製のローチェアだと1万円を超えるものも多いですが、ニトリチェアは2,990円(税込)!

安心感のある品質と安っぽくない見た目でこの値段だと、そりゃ毎年売り切れるわけだ……と納得します。

この値段なら……と割り切れば、アウトドアでガシガシ使っていけそうです。

残念なところ:可搬性は……難あり!


ニトリチェアは、座面を引き上げる形で、パタッと折りたたむ事ができます。

ですが、重さが約3.5kg程あるので、アウトドアに複数持っていこうと思うと、ちょっと辛いかも……。

実際にキャンプ場で使っている方も沢山いるので、皆やっぱり車で持ち運んでいるのかな……。

インドアで使う際のワンポイント


アウトドアで使う時は全く問題になりませんが、床との接地面が割と小さめな点を知っておいて下さい。

床が傷つかないかな……と心配してしまう事もあるので、私は初めからクッション地のシールを貼りました。



これを4箇所に貼っておけは床へのダメージは心配をしなくてよいので、とっても気が楽になります!

ニトリチェア、アウトドアで使うか、インドアで使うか、利用シーンを考えるのも楽しいアイテムだ……。

1脚持っておくと、何かと便利なニトリの逸品だと思います!

木製ローチェア [ニトリ 公式通販]


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チェア ベンチ ロースタイル ソロベンチ CSブラックラベル UC-1677



こちらもオススメ:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) チェア ベンチ ロースタイル ソロベンチ CSブラックラベル UC-1677


¥4,655 Amazonで見てみる





あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/06/530391/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/514777/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/01/487141/"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング