モンベルのライトスウェットはアウトドアスペックの暖かさ!しかも蒸れにくいのが最高だよ…|マイ定番スタイル

roomie / 2019年10月21日 23時1分

写真

モンベルのライトスウェットはアウトドアスペックの暖かさ!しかも蒸れにくいのが最高だよ…|マイ定番スタイル

季節の変わり目に服を探す時、私はまずアウトドアショップを見に行くことにしています。

アウトドアでも使える防寒ウェアは、タフで機能性にも優れているので冬を過ごすにはもってこいなんですよね〜。

特に値段も良心的なモンベルには、毎年助けられています。

モンベルのライトスウェット
モンベル ライトスウェット 3,400円(税別)

今年も頼ることになったモンベルの「ライトスウェット」は人気の鉄板商品。 とりあえず寒くなったらもっておきたい1枚って感じです。

その名の通り273gと軽量で、シンプルなシルエットは着る人や年齢、シーンを選びません。



スウェットとありますが、フリースのような感じですね。


[ザ・ノース・フェイス] トレーナー フロントビュークルー キッズ ミックスグレー 日本 110 (日本サイズ110 相当)



こちらもオススメ:[ザ・ノース・フェイス] トレーナー フロントビュークルー キッズ ミックスグレー 日本 110 (日本サイズ110 相当)


¥6,930 Amazonで見てみる





クリマプラスは優秀な生地!


使われている「クリマプラス」というモンベル独自の生地は伸縮性に優れていて、行動時に肘や脇部分が突っ張るような感覚がありません。

山に登るときはこのスウェットの上にウィンドブレイカーやシェルを重ね着して行動しますが、熱がこもって気持ち悪くなることも少なく、クリマプラスという生地の通気性や速乾性能を感じます。



内側も外側も化繊のごわごわした感じは全くなく、肌に当たる部分はふわふわとした気持ちいい感触なので、半袖のTシャツの上からでも快適に着ることができます。

着やすさを感じるポイントがたくさん


防寒のためか、袖部分には指ぬきが付いています。

手袋をつけていなくても、これだけでなかなか暖かいですよ。





首の部分が写真だと結構詰まって見えていますが、伸縮性のある生地なので頭はらくらく入ります。



とにかく生地全体がグイグイと伸びるので気を使わずに着脱できますし、フリースやセーターの嫌なポイントである静電気も少ないのが嬉しいですね。

残念なところ:あくまでも中間着


通気性が良い分、風が吹くとコットン素材の服よりも体にダイレクトに寒さが当たる感じがします。

汗冷えにも繋がるので、上に雨具やウィンドブレイカーを羽織るのは必須です。



山だけでなく街着として着用しているときにも、上に一枚羽織れる風を弾くウェアを持っていると安心ですよ。

普段着としても頼りになる!


アウトドアウェアっぽすぎないシンプルなデザインかつゆるっとしたシルエットなので、ハイスペックな普段着として愛用できます。

カラーもグリーンカーキ、ネイビー、アイボリーの3色あるので、好みや普段の服装にあわせて選んでみてくださいね。

値段も3,400円(税別)とかなり買いやすい価格なのも魅力的。気軽なプレゼントにもオススメです!

モンベルのライトスウェットは、この時期家にあったらついつい手が伸びる1着になっちゃうと思いますよ~。

ライトスウェット Men's [モンベルストア]


[ザ・ノース・フェイス] トレーナー フロントビュークルー キッズ ミックスグレー 日本 110 (日本サイズ110 相当)



こちらもオススメ:[ザ・ノース・フェイス] トレーナー フロントビュークルー キッズ ミックスグレー 日本 110 (日本サイズ110 相当)


¥6,930 Amazonで見てみる





あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/513637/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/10/560687/"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング