無印良品の「縦に使える仕分けケース」が旅行でもアウトドアも大活躍してくれるなんてね|マイ定番スタイル

roomie / 2020年10月11日 12時0分

写真

無印良品の「縦に使える仕分けケース」が旅行でもアウトドアも大活躍してくれるなんてね|マイ定番スタイル

収納や文具のイメージが大きい無印良品ですが、アウトドアで使えるグッズも結構あるんです。

最近使って良かったのが、縦に使える仕分けケースというもの。

これがキャンプでのごちゃつきを解消してくれましたよ。

縦に使える仕分けケース
無印良品 縦に使える仕分けケース Sサイズ 590円 Lサイズ 990円

無印良品の旅行グッズコーナーにある縦に使える仕分けケースには大小の2サイズあります。

見た目はよくあるメッシュのケース、Sサイズは約25×12.5×5cm、Lサイズは約37.5×25×5cmです。

衣類などをパッキングするためのものですが、使ってみて感動、なるほどの連続でした。


src="https://m.media-amazon.com/images/I/51iT7fkvstL.jpg" alt="リヒトラブ バッグインバッグ A4 タテ ブラック A7683-24">



こちらもオススメ:リヒトラブ バッグインバッグ A4 タテ ブラック A7683-24


¥1,227 Amazonで見てみる





こっち側に持ち手がある


縦に使えるってどういうこと? と、思いますよね。

秘密はこっち側に持ち手がついてるんです、そのため、ファスナーが縦に開くんですよ。

横じゃなくて縦、これが使いやすさの秘訣です。



例えば旅先で写真のように引っかけたとして、縦だとこんな風に開いてくれるので下の方まで取りやすいんですよね。

横開きだと手を突っ込まないといけないのでこうはいかないですもんね、メッシュなので何がどこにあるかがわかりやすいのも最高。

そして、かなりハリのある素材なのでダラーンとならずシャキッとしてくれてます。

中身が崩れてないのもそのおかげ。

細かいところまで気が利いてる


ファスナーも指先一つで開けやすい、シリコンが施してあって滑りにくい点にも優しさを感じます。



ゴムがくっついてるのでコンパクトに畳んでおくこともできます。

使わない時はコンパクトに仕舞っておけますね、素材も丈夫ですし、長く使えそうです。

カラビナをつけると最強に


さらに一工夫! 持ち手にカラビナをつけてあげるとさらに使いやすくなるのでおすすめですよ。

そのままだとフックのある場所にしか掛けられませんが、カラビナをつけることでオールマイティーに変身します。

私は普段からつけっぱなしにしています。

キャンプで大活躍


そしてこれがキャンプで最高に使いやすいんですよ。

中に入れてるのはカトラリーや細々した調理アイテムたち。

これに入れておけばどこでも引っかけておけるのでテーブル上がごちゃつきません。

また、風通しもいいので湿気も防げますし、何があるかもわかりやすい。



縦にガバッと開くので箸も取りやすいですよ。

テーブルの土台に引っかけておけば動線もスムーズです。

このスタイルにしてから「箸どこ〜?」が、飛び交うことがなくなりました。



実はこの小サイズは1年以上使っていて、あまりの便利さに大きいサイズをリピ買いしたんです。

大きいサイズにはタオルを入れてテント内に吊るしておこうと考え中。

縦に開くというちょっとしたアイデアなんですが、ここまで使いやすくなるなんて感動です、ぜひお試しください。

無印良品 縦に使える仕分けケース


src="https://m.media-amazon.com/images/I/51iT7fkvstL.jpg" alt="リヒトラブ バッグインバッグ A4 タテ ブラック A7683-24">



こちらもオススメ:リヒトラブ バッグインバッグ A4 タテ ブラック A7683-24


¥1,227 Amazonで見てみる





あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/09/653137/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/09/654889/"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング