皇室へ献上「富有柿」を厳選 茨城・石岡市で審査会

産経ニュース / 2017年11月15日 11時57分

厳選した富有柿に保護用のネットをかける生産者たち=13日、茨城県石岡市柿岡(海老原由紀撮影)

 皇室に献上する茨城県石岡市産の富有(ふゆう)柿の審査会が13日、同市柿岡の市八郷総合支所で行われ、生産者らが厳選した柿を桐箱に詰めていった。柿は14日、皇室に届けられた。

 生産者が1950年代半ばに宮内庁に柿を納めたのが始まりとされ、現在は市の事業として毎年、柿をお届けしている。

 審査会には、柿の出荷組合でつくる「市八郷柿振興協議会」のメンバーらが出席した。今年は天候の影響を受けて収穫量が減少したが、糖度の高い大きな柿が実ったといい、生産者3人が栽培した柿180個の中から色や形の良い72個を厳選した。

 同協議会の上田佳幸会長(66)は「厳選された柿をゆっくりと味わいください」と話した。

産経ニュース

トピックスRSS

ランキング