【編集者のおすすめ】チャレンジの連続 『志・挑戦、そして感謝』廣瀬光雄著

産経ニュース / 2018年8月11日 16時42分

『志・挑戦、そして感謝』廣瀬光雄著

 チャレンジし続ける-。ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)日本法人元社長、廣瀬光雄さんの人生は挑戦の連続だ。

 バブル崩壊後、全国のゴルフ場再建のために新しい仕組みを考案したパシフィックゴルフマネージメント(PGM)会長に就任したのが2002年、65歳のとき。その後、PGMは株式を上場。日本が“失われた20年”にあったときのことだ。

 「必ずゴルフ場は再生できる」という案に再生資金を投資する米ファンドとの連携だった。「ハゲタカ」という非難を浴びたが、結果は見事に各ゴルフ場を再生。旧会員や地域社会にも喜ばれた。新事業の開拓者には誤解や非難が初期段階では伴うが、廣瀬さんは社会全体のためになるという信念を貫いた。

 それ以前、60歳のときにコンサルティングの「マベリック ジャパン」を設立。マベリック(Maverick)とは“他とは違った考えをする人”“異端児”の意。60歳を過ぎても生涯現役、オンリーワンの発想でビジネス界に新しい生き方、働き方を提案する廣瀬さんの姿はシニア世代の参考になる。

 その後、誰もが、いつでもどこでも学べる大学院(ビジネス・ブレークスルー大学大学院)を大前研一氏らと創立。働きながら専門的なことを学ぶ「リカレント教育」の先陣を行く大学院で、さらに医療改革に貢献するケアネットも上場させた。

 これからの若者やシニア世代がどう生きるべきか。本書はそれを指南している。(財界研究所・1500円+税)(『財界』主幹・村田博文)

産経ニュース

トピックスRSS

ランキング