【ザ・インタビュー】「身体で考えた建築」追求 伊東豊雄さんが自選作品集出版

産経ニュース / 2020年10月18日 14時1分

「地方で農業に関わり、都市でも仕事をする。そんな暮らしができたら楽しいだろうな」と語る伊東豊雄さん(酒巻俊介撮影)

 「自分の気に入った作品だけを選び、自分の建築に対する考え方をもっとわかりやすく示せないか。専門書というより、一般の人が読んでも面白い作品集にできないかと工夫しました」

 掲載写真はなるべく人の姿があり、実際に建築の使用状況がわかるものを。解説は自ら書き下ろし、竣工時の新聞記事や批評なども挿入した。「かなり、思い通りの本になったかな」

 昨年初頭に突然体調を崩し、多くの時間を病院で過ごした。自選集の構想は病床で生まれたという。「自分の身体で考えた建築」にこだわり、27作品を選び収録した本書は400ページを超え、ずっしりと重い。

   ■    ■

 伊東さんの身体性が色濃く現れた、原点というべき作品がある。最初期の「中野本町の家」(東京、1976年)。馬蹄(ばてい)形の平屋住宅で、外に向かって窓はほとんどなく、中庭を囲む内側と小さな天窓から光が入る内向的な建築だ。チューブ状の内部はまるで、洞窟や胎内のよう。形よりも流動性を強く意識させる空間でもある。

 篠山紀信さんが80年代に撮った写真が掲載されている。柔らかな肌合いを感じさせる内部は、官能的ですらある。

 「自分の本質があらわになった建築ですね。頭で考えて別のことをやろうとしても、繰り返し、そこへ戻っていく自分がいる」。40年の時を経て、台湾にオペラハウス「台中国家歌劇院」(2016年)が完成した際、その思いを強くしたという。床、壁、天井が直線で交わるのではなく、全体が曲面でつながるユニークな構造。実際訪れると、洞窟や身体器官の中に潜り込んだような感覚になる。

  ■    ■

 大学卒業後に入った建築設計事務所で師の菊竹清訓(きよのり)さん(1928~2011年)に「建築は頭でなく、身体で考えるものだ」と教えを受け、建築の面白さに目覚めたという。とはいえ近代主義思想の下、モダニズム建築は論理ありき。「どうしても頭で考えちゃう。どう超えていくかは永遠の課題」と語る。

 身体的思考を追求すると、静的な幾何学による建築には収まりきらなくなる。人間を含む自然界には曲線や曲面があふれ、均質ではなく複雑だ。胎内回帰的な空間については「諏訪(長野県)の盆地で育ったことが影響しているのかなと。内部に封じ込められたエネルギーが、私の身体性に影響を及ぼしている」と分析する。人間も自然もエネルギーを内包、発散させながら流動し、変わり続ける。

 「せんだいメディアテーク」(仙台市、2001年)は、樹木のように有機的な構造体「チューブ」が梁(はり)のない床を支える画期的な建築。機能に縛られない、自由な公共空間を生み出し高い評価を受けた。「建築の中で、自然を人工的に再構成する。いまなお続くテーマです」

   ■     ■

 人から人へ、自在に行き交う新型コロナウイルスの猛威に、改めて「人も自然の一部」と痛感したという。いま大阪府茨木市で、開放的なテラスのある立体公園のような公共建築を手掛けている伊東さんは、自然に対し開いていく建築に可能性を見いだす。過密で自然と切り離された都市生活についても、見直しが進むかもしれないと見る。

 「今までは大都市に住むか、地方移住か、どちらかしかなかった。でもリモートワークなど多様な働き方を経験する中で、両方に住むという選択も見えてきたのではないか。別荘を構えなくても、地方に安く滞在できるシェアオフィスやシェアハウスが増えれば、自然と親しむ生活が可能になり、都市の過密も少しは解消されるかなと思っています」。自身のミュージアムがある瀬戸内海の島などで、既に構想中とのこと。コロナ時代に建築が果たす役割を問い続けている。

      ◇

3つのQ

Q元野球少年ということで、好きな球団は?

ロッテの大ファン。毎日オリオンズ時代からなので長いです。今年は優勝争いをしているので期待しています

Q最近見た映画は?

在宅時間が増え「七人の侍」「どですかでん」など黒澤映画ほとんどすべてを見直した。やはりすごいですね

Q最後の晩餐には何を?

焼き肉ですね。入院中も食べたいと毎日思っていました

         (文化部 黒沢綾子)

      ◇

 いとう・とよお 昭和16年、ソウル生まれ、長野県下諏訪町で育つ。東京大学工学部建築学科卒。菊竹清訓建築設計事務所を経て、46年に独立。主な作品に「せんだいメディアテーク」「多摩美術大学図書館」「みんなの森 ぎふメディアコスモス」「台中国家歌劇院」など。日本建築学会賞、高松宮殿下記念世界文化賞、プリツカー建築賞など受賞多数。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング