疑惑の韓国法相候補の聴聞会開かれず 家族の証人出席めぐり与野党対立

産経ニュース / 2019年9月2日 10時34分

 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が法相候補に指名したチョ国(グク)前大統領府民情首席秘書官の娘の大学不正入学疑惑などがくすぶる中、2日から予定されていたチョ氏の国会での聴聞会が与野党の対立により、同日は開かれない見通しとなった。

 聴聞会は2、3両日の2日間の予定だったが、野党側はチョ氏の家族も証人として出席させるよう主張。与党側はこれに反対している。文氏は聴聞会の開催にかかわらず、12日までにチョ氏を法相に任命したい考えとされる。任命強行の可能性もあり、この場合、野党勢力や世論の反発が一層強まるのは不可避な情勢だ。

 文氏は1日から東南アジア3カ国を歴訪中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング