「熱い、助けて!」全身火だるまの男性が電器店に…堺、大やけどで重傷 走り去った女の車、近くで発見

産経ニュース / 2017年6月19日 20時27分

現場近くのコインパーキングで見つかった車=19日夜、堺市西区(猿渡友希撮影)(産経新聞)

 19日午後5時35分ごろ、堺市西区浜寺諏訪森町中の電器店から「火だるまになった男が店に入ってきた」と119番があった。大阪府警西堺署によると、40代ぐらいの男性が全身に火が付いた状態で「熱い、熱い。助けてくれ」と言いながら店に駆け込み、店員らが消火した。男性は病院に搬送されたが、全身大やけどで重傷という。

 同署によると、電器店前の路上に白い乗用車が止まり、中年ぐらいの女が車に乗り込んで走り去るのを付近の住民が目撃。約1時間半後、現場から約150メートル離れたコインパーキングで車が見つかった。車の座席などが焦げていたといい、同署は女が経緯を知っているとみて行方を捜している。

 現場は南海電鉄諏訪ノ森駅の南東約150メートルの住宅や商店が立ち並ぶ地域。近所の男性会社員(46)は「男性の叫び声で外に出たら、電器店のそばに男性が立っていた。男性は全裸姿で腕などの肌がただれ、『熱い、熱い』とうめいていた」と話していた。

産経ニュース

トピックスRSS

ランキング