【森友学園捜索】「不正受給の原因、細部まで突き詰めて」松井大阪知事、補助金チェック見直しに言及

産経ニュース / 2017年6月19日 21時22分

学校法人「森友学園」が事務所を置く塚本幼稚園の家宅捜索に入る大阪地検の係官ら=19日夜、大阪市淀川区(永田直也撮影)(産経新聞)

 学校法人「森友学園」による補助金不正受給事件で、大阪地検特捜部が19日、詐欺と補助金適正化法違反の疑いで、森友学園が事務所を置く塚本幼稚園(大阪市淀川区)を家宅捜索しことを受け、大阪府の松井一郎知事は同日、大阪市内で記者団に対応。「どのような形で補助金が不正受給されたのか、細部まで原因を突き詰めてもらうことで、幼稚園と保育園を一緒に経営している法人に対してのチェックのやり方を見直すきっかけにしたい」と述べた。

 森友学園による不正受給の問題発覚後、府教育庁は府内の幼稚園のうち、学校法人などが保育所や認定こども園も運営している73園について、教職員の重複がないか自主的な点検を求める方針を示している。

産経ニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング