和歌山市のスクラップ工場で火災

産経ニュース / 2017年10月13日 19時17分

炎を上げて燃えるスクラップ工場=13日午後5時45分、和歌山市(小笠原僚也撮影)(産経新聞)

 13日午後5時20分ごろ、和歌山市北のリサイクル会社「日中金属貿易」のスクラップ工場で「煙が出ている」と通行人から119番通報があった。ポンプ車3台、化学車3台など消防車計18台が出動し消火に当たっている。

 和歌山県警和歌山東署によると、出火当時、工場は稼働中だったが、従業員らにけがはないという。プラスチックや家電製品のスクラップが燃えたとみられ、出火原因を調べている。

 近くに住む主婦(52)は「パーンとタイヤの破裂音のような音が聞こえて、黒煙もモクモクと上がった。こんな大火事は見たことがなく、爆発が起きないか心配でとても怖い」と話していた。

産経ニュース

トピックスRSS

ランキング