機内でマスク拒否して威圧 関空行きのピーチが臨時着陸

産経ニュース / 2020年9月8日 19時2分

 北海道の釧路空港から関西国際空港に向かうピーチ・アビエーション機内で、乗客の男性がマスク着用を拒否して大声で客室乗務員を威圧し、新潟空港に臨時着陸して男性を降ろすトラブルがあったことが8日、同社への取材で分かった。新型コロナウイルスの感染防止のため、航空各社は乗客にマスク着用を要請しているが、国土交通省によると、着用を巡るトラブルでの目的地変更は初めて。

 ピーチによると、トラブルがあったのは7日。離陸前に客室乗務員がマスクの着用を求めたが、男性は拒否し、午後0時半の出発が約45分遅れた。

 その後の飛行中も大声を出すなど威圧的な態度が続き、機長が航空法の安全阻害行為に当たると判断して臨時着陸。航空機を降りるよう求め、男性は応じた。その後、関空に向けて出発し、約2時間15分遅れで到着、乗客125人に影響が出た。

 広報担当者は「安全を最優先に対応した。マスクの着用は義務ではないが、引き続き強く要請していく」と話した。

 航空法は、航空機の運航や他の乗客の安全に支障を及ぼす恐れがある行為を禁止しており、従わない場合、50万円以下の罰金が科せられる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング