シスコ「ASA」にリモートコード実行とDoSの脆弱性、至急適用を呼びかけ(IPA)

ScanNetSecurity / 2018年2月14日 8時0分

影響を受ける製品(詳細はシスコシステムズが提供する情報を確認のこと)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月13日、「Cisco ASAの脆弱性対策について(CVE-2018-4871)」を発表した。「Adaptive Security Appliance(ASA)Software」は、シスコシステムズ合同会社が提供するファイアウォール製品のファームウェア。このASAには脆弱性(CVE-2018-0101)が存在する。

影響を受ける製品は複数あり、ASAのメジャーバージョンによっても異なる。また、Secure Socket Layer(SSL)サービスまたは IKEv2 Remote Access VPN サービスを有効にしている製品が対象となる。この脆弱性は、リモートコード実行やDoS状態にされる可能性があり、実際にこの脆弱性を悪用したDoS攻撃が確認されている。シスコシステムズでは修正プログラムを提供しており、IPAは至急適用するよう呼びかけている。

ScanNetSecurity

トピックスRSS

ランキング