Intelの複数の製品に脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

ScanNetSecurity / 2019年1月10日 8時0分

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月9日、Intelが複数の製品に対するアップデートを公開したと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは次の通り。()はアドバイザリの番号。

Intel NUC - INTEL-SA-00144
Intel Optane SSD DC P4800X - INTEL-SA-00175
Intel PROSet/Wireless WiFi Software - INTEL-SA-00182
Intel SGX SDK and Intel SGX Platform Software - INTEL-SA-00203
Intel SSD Data Center Tool for Windows - INTEL-SA-00207
Intel System Support Utility for Windows - INTEL-SA-00212

想定される影響は各脆弱性により異なるが、情報漏えいや権限昇格、DoSなどの影響を受ける可能性がある。JVNでは、Intelが提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

ScanNetSecurity

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング