どうして日本人の蔑称が「倭寇」から「鬼子」になったのか=中国メディア

サーチナ / 2018年12月6日 5時12分

写真

中国メディアは、明や清の時代に中国の沿海地域に日本の海賊がたびたび出現し、当時の人びとは海賊のことを「倭寇」と呼び、日本人に対する蔑称としても用いられていたとし、それが「鬼子」へと変わったきっかけは、1890年代の日清戦争前夜にあったとされる出来事だったと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は5日、中国人の日本人に対する蔑称が「倭寇」から「鬼子」に変わった理由を紹介する記事を掲載した。

 記事は、明や清の時代に中国の沿海地域に日本の海賊がたびたび出現し、当時の人びとは海賊のことを「倭寇」と呼んでいたことを紹介。日本人に対する蔑称としても用いられていたが、それが「鬼子」へと変わったきっかけは、1890年代の日清戦争前夜にあったとされる出来事だったと伝えている。

 記事は、「当時、清のある大臣が日本に派遣され日本側と会談をした。その際に日本側は、自らの力を示すために「騎奇馬、張長弓、琴瑟琵琶、八大王、並肩居頭上、単戈独戦」という対聯の前半部分を書いて示した。わが日本の兵士は人も馬も強壮で、強力な武器を備えているうえ、文才にも長けており、大王8人分もの才能を持っているゆえ、単独で中国をやっつけることが可能だ、という意味だ」と説明した。

 また、これに対して清の大臣も負けじと「倭人委、襲龍衣。魑魅魍魎、四小鬼、屈膝跪身傍、合手擒拿」と対聯の後半部分をしたためたと紹介。これは「日本人は清のものを盗もうとする敵だ」という意味を表し、「八大王」と対比する形で「四小鬼」という言葉を用いたと解説したうえで、これをみた清国人は大いに喜んだとしている。

 そして、ここで用いられた「四小鬼」という言葉が広まり、日本人に対する蔑称が「鬼子」へと変化していったと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

トピックスRSS

ランキング