長崎美柚に連敗した元卓球女王・朱雨玲、東京五輪の出場は絶望的=中国メディア

サーチナ / 2019年10月6日 16時56分

写真

中国メディアは、卓球スウェーデンオープン女子シングルスで中国の元世界1位・朱雨玲選手が初戦で日本の長崎美柚選手に敗れ、来年の東京五輪の出場が非常に厳しい状況になったと報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は4日、卓球スウェーデンオープン女子シングルスで中国の元世界1位・朱雨玲選手が初戦で日本の長崎美柚選手に敗れ、来年の東京五輪の出場が非常に厳しい状況になったと報じた。

 記事は、大会初日の3日は中国の主力選手が概ね順調に勝ち上がるなか、朱選手は長崎選手に2-4で敗れて注目を浴びたと紹介。朱選手が最初の2ゲームを続けて落とした後、ようやくエンジンがかかって2-2の五分に戻すも、長崎選手がすぐに立て直して朱選手を圧倒、2ゲームを再び連取して勝負が決まったと伝えている。

 そして、試合後に長崎選手が「ちょっと苦しかったが、自分の力を発揮できた。追いつかれた時には0-0のつもりで切り替えた。朱選手と試合ができてうれしい。そして日本選手として勝たなければという気持ちで臨み、勝つことができてうれしい」とコメントしたことを紹介した。

 記事は、朱選手が昨年の同大会女子シングルス決勝で日本の伊藤美誠選手に0-4でストレート負けを喫して以降、選手としてのキャリアが下り坂に入ってしまったと紹介。この敗戦で今年の世界卓球選手権の個人戦出場資格を逃すことになったとしたうえで、今年大会では1回戦で長崎選手に敗れたことから「東京五輪の出場権争いとはほぼ無縁になってしまった」と評し、孫穎莎選手など新しい世代が台頭する中で非常に厳しい状況に立たされたとの認識を示している。

 朱選手は今年のジャパンオープンでも長崎選手に敗れており、対長崎戦2連敗となった。17歳の長崎選手が実力を高めているということもあるが、それ以上に朱選手の不調が際立つ結果と言えそうだ。しかし、朱選手もまだ24歳。きっかけさえつかめば再び世界のトップに君臨するチャンスもあるはずだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング